スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマーイン事務局会議

本日(5月31日)、サマーインの事務局会議が開催されました。

電機側の参加者、トレーナーが確定し、事務局体制も決まりました。

子どもたちの参加は54人と、過去最高人数となりました。子どもたちと苦楽を共にするトレーナーは15人、団長、PDを含めた事務局は8人、総勢77人の大所帯です。実際にはこの人数に陸小メンバーが加わるので、100人を超える規模のサマーインとなります。

今回の事務局会議では、新規で入れるメニューや、人数が多いことで対応しなくてはいけない箇所の共有化など、プログラムの方向性を確認しました。後は陸別町役場と細かな調整を行い、6月末の実行委員会(トレーナー事前研修)までにプログラムを決定します。
スポンサーサイト

陸別メール 2007年5月31日

陸別町に関するニュースをお届けします。

十勝毎日新聞社デジタルメディア室発行
【陸別めーる】より

---------------------------------------------

2007年5月26日の記事

経常利益は941万円 町森林組合総会で報告

町森林組合(早坂英俊組合長)の通常総会が24日、福祉センターで開かれた。2006年度の経常利益は前年度比2.5%減の941万円だった。

事業総利益は同8.5%減の4114万円。当期末処分剰余金は763万円を計上した。

このほか、06年度は10月の低気圧被害などの影響で収益の落ち込みもあったが、事業コスト削減を図り、業績の健全化に努めたことが報告された。07年度もコスト減や森林整備事業推進に努める方針。(丸山一樹)

---------------------------------------------

2007年5月25日の記事

児童ら国際感覚磨く JICA研修員と交流 陸別小

陸別小学校(玉堀泰正校長、児童135人)はこのほど、総合的な学習の時間を活用して国際協力機構(JICA)の研修員と触れ合った。児童は積極的に交流し、文化への認識も深めていた。

4-6年生を対象に行われた。JICAからはコートジボワール、コンゴ民主共和国、モンゴル、ペルー、スリランカ、トルコの6カ国の研修員が来町。

研修員と英語で交流に臨んだ児童は自分の名前を述べたほか、「特技はギター」「空手で世界一が夢」など難しい会話にも挑戦。研修員も練習の成果を発揮する児童たちに感心した様子だった。研修員も自国の習慣、民族衣装を紹介するなど、熱心に思いを伝えていた。(丸山一樹)

---------------------------------------------

2007年5月24日の記事

キーホルダー強力PR 陸別ラリーを成功させる会

陸別・ラリーを成功させる会(尾崎光弘会長)は、今年10月に開かれるWRC(世界ラリー選手権)ラリージャパンに向け、同会としては唯一のオリジナルグッズ「プレミアムキーホルダー」の販売に力を入れ、このほどホームページ(HP)上でのPRに乗り出した。今後、新たなオリジナルグッズの製作・販売も検討し、「ラリーの町」をアピールする。

キーホルダーは2004年のWRC日本初開催を記念。同年9月3日午前7時38分、WRC第11戦ラリー・ジャパン開幕を飾った1番車が、町内のSS(スペシャルステージ)1「ヤムワッカ」をスタートしたのにちなんで企画し、販売を続けてきた。

赤色の「ラリープレート」形で、限定500個を製作。「Rikubetsu Japan,s 1st WRC round started here…」の刻印が記され、道の駅「オーロラタウン93りくべつ」の町観光物産館で扱っている。1個500円。

同会は、町民有志が町内イベントなどの情報を提供しようと開設したHP「陸別インフォメーションサービス」(http://www15.plala.or.jp/rikubetsu-info/)にもキーホルダーの紹介文と写真の掲載を開始。早めの購入も呼び掛けている。

新たなグッズ展開が実現すれば、WRC招致から3年を経て「ラリーの町」としての名をさらに広める効果を生みそう。同会事務局の町産業振興課は「採算性を見極めながらアイデアを練っていきたい」としている。(岩城由彦)

---------------------------------------------

2007年5月23日の記事

花苗3万本など格安販売

第4回花市が20日までの3日間、陸別町新町の「かぶとの里」で開かれた。

幕別町の山端成美さん(山端農園)がマリーゴールドやサルビア、アスターなど約3万本の花苗と、ナス、トマト、シシトウなどの野菜苗約1000本を格安で販売。町内ほか北見、足寄から訪れる人もおり、山端さんは「初日朝から盛況で、高級花苗の人気が高い」と話していた。会場ではトールペイントやソフトクリーム、手作り豆腐も用意し、人気を集めた。

---------------------------------------------

2007年5月22日の記事

バギーがオフロードを激走 陸別サーキット

2007オフロードバトル(町主催、実行委員会主管)が20日、陸別サーキットで行われた。管内勢ではフォーミュラバギーB-Iクラスで清水辰美さん(芽室)、ATV200N-4クラスで山田潤さん(音更)が優勝した。

大会は道バギーレース協会シリーズ第1戦、道ATV協会シリーズ第4戦として行われ、バギー12台、ATV72台が出場。小雨のぱらつく肌寒い天候となったが、600人の観客が詰め掛ける中、参加者は各レースで熱戦を展開した。

同サーキットでは今後、27日に「スーパーターマック2007」、7月7日に「ラリー北海道」、10月26、27日に「世界ラリー選手権(WRC)」などが開かれる予定になっている。(丸山一樹)

---------------------------------------------

陸別めーるの写真付き詳細記事のアドレスは
http://www.tokachimail.com/rikubetsu/

トレーナーも出揃ったようです

最終的な参加者は電機連合の子どもたちが54人になりました。
トレーナーも5グループ分そろったようで、とりあえずはホッとしています。今年のトレーナーは06サマーイン経験者や、07冬陸経験者が結構います。どんな夏になるのか、今から楽しみです。

陸小メンバーの募集も本格的に始まるので、最終的に何人になるのか、今からドキドキしています。90人超えるかなぁ。


SNS運用開始について

陸別企画関連SNS「リクシィ」の運用を開始しました。
サマーイン、冬の陸別、冒険・体感の陸別関連事業に参加したことのある方、スタッフとして携わった方、町の方など陸別に縁(ゆかり)がある方同士で新たな絆を作っていけるようなSNSにしたいと思っています。私が知っている方々には順次招待状をお送りしているところですが、過去の参加者やスタッフの皆様で参加をご希望される方や、まだ招待状来てないけどどうなってんの?という方は、私にメールをお送りください。折り返し招待状をお送りいたします。

○メールあて先
mail@jackie-endo.net

○メールに記載していただきたいこと
お名前、招待状を送るメールアドレス、あなたと陸別の関係

SET-TUNの陸別便り070529「団長訪陸情報」

2007年5月29日、団長ご一行が陸別町を訪れました。

関係各所への挨拶、視察等を行って、
夜は懇親会が行われました。


20070529.jpg


※SET-TUNの陸別便りとは・・・
陸別町に住む当ブログ特派員「SET-TUN」からの情報をお届けするカテゴリーです。

サマーイン応募状況(つづき)

今月31日に、サマーインの事務局会議があります。
そのときには、トレーナーもほぼ決まっていると思います。

90人弱の参加者にサイコーの思い出を作ってもらうために、
今年は5グループでの活動を考えています。

そうするとトレーナーの人数は15人。

どんなサマーインになるのか、楽しみでもあり、不安もちょっとあり・・・

陸別メール 2007年5月24日

陸別町に関するニュースをお届けします。

十勝毎日新聞社デジタルメディア室発行
【陸別めーる】より

---------------------------------------------

2007年5月19日の記事

新会長に石橋氏選任 町商工会が通常総会

町商工会(会員102人)の今年度通常総会が18日夜、町商工会館で開かれた。任期満了に伴う役員改選では、1995年から4期12年間務めた山田一雄会長が勇退、新会長に副会長の石橋強氏(56)=石橋石油社長=を選任した。

92人(委任状含む)が出席。今年度事業では昨年度設立した町活性化推進協議会(特別委員会)を通し、旧ふるさと銀河線列車動態保存事業などの可能性を再検討する。商工業者の廃業が続く中、今年度設置した陸別商工業再生委員会(同)では廃業後の業態継承を協議。十勝東北部6町商工会の広域連携検討も重点事業とした。

石橋新会長は「商工業者支援や地域貢献、まちづくり事業に力を入れ、役員と職員が1つになって前向きに取り組んでいきたい」と語った。(岩城由彦)

---------------------------------------------

2007年5月19日の記事

芽室の早坂さんが写真展

町出身の早坂剛一さん(芽室町在住)の写真展「北の耕地」が、31日まで陸別町きらきら星通り「アートサロンガンビー」で開かれている。

ガンビーでの写真展は2005年以来で、今回は芽室町内の農村地帯で撮影した「早春夕景」「強風農作業」「雪原昇陽」「霧の十勝野」「麦秋」など風景写真17点を展示している。四季の移り変わりが美しく表現され、来場者の目を引いている。午前10時から午後7時まで。

---------------------------------------------

2007年5月18日の記事

世界の専門家陸別に Super DARN国際会議で来月6日 

電離層の電子やイオンの変動のメカニズムなどについて研究の成果を報告する「Super DARN2007国際会議」が6月4-8日、網走市で開かれるのに伴い、「短波ドップラー・レーダー」のある陸別町も視察地域に選定された。同会議には海外10カ国を含め83人の専門家が参加する予定で、町内施設がこれまでになく注目を浴びる。(丸山一樹)

同レーダーは、名古屋大学太陽地球環境研究所が昨年、町ポントマムに設置した。同研究所では世界各国の研究機関とともに、高度90キロから1000キロの電離圏の電子の動きなどを予測する「宇宙天気図」を発信。人工衛星の計器故障や航空機の通信障害を招く、超高層大気の電圧変化の監視などを行っている。

国際会議は網走市のホテル網走湖荘を拠点に展開。海外からは米、英、中、カナダなど10カ国から45人が訪れる予定で、会議では各専門家の研究報告が行われる。

陸別での視察は同6日に予定され、ポントマムの同レーダーや隣接する観測施設内の受信装置を見学。また、銀河の森天文台(宇遠別)併設の同研究所陸別観測所も訪れる。町内視察は、観測システムの末端部分の確認・検証に位置付けられている。

このほか、専門家や町内関係者が交流するレクリエーションや懇親会も企画されている。

---------------------------------------------

2007年5月17日の記事

川上洞窟を調査 町郷土研究会の今年度事業

町郷土研究会(佐々木春志会長、25人)の総会が14日、旧陸別駅内のオーロラハウスで開かれた。今年度は町教委と協力し町川上地区の国有林内にある川上洞窟(どうくつ)を現地調査するほか、町文化祭の協賛行事「ふるさとの遺跡を歩く」でトマム方面の源流地を探索する。

約15人が出席した。川上洞窟は昨年秋、同会が元陸別中学校長で地質学に詳しい那賀島彰一さん(浅井学園大学教授)とともに現地調査。入り口付近で小さな鍾乳石を発見した経緯もあり、継続調査が望まれていた。町教委との調査は初めてで、10月ごろを予定している。

また、「ふるさとの-」(11月)では、過去に訪れた人が少ない水源地の「クレソンの滝」などを町民に案内する。このほか、11月には年会報「郷土研究」15号を発刊する方針などを確認。役員改選では佐々木会長以下全員を再任し、事務局員に東原義勝さんを補充選任した。(岩城由彦)

---------------------------------------------

陸別めーるの写真付き詳細記事のアドレスは
http://www.tokachimail.com/rikubetsu/

陸別のネットワーク作り

ホームページやブログをスタートさせた理由でもあるのですが、
陸別関連企画に参加した皆さん同士や、
町の方々とのネットワーク作りをしていきたいと思っています。

いまやネットを使用すれば双方向の情報発信ができる時代。

ブログを始めたとき(まだ最近ですが)、
「もう失敗してもいいからどんどんやちゃおう」という気持ちがけっこうありました。そしてこのブログと同時進行でいくつかの取り組みもスタートさせています。

そのひとつに最近流行(遅い?)のSNSがあります。
すでに「リクシィ」(失笑)というSNSを試験的に作成しました。
サマーインや冬の陸別の各年代同士のコミュニティや、小学校同士の交流コミュニティ、東京陸別会や陸別友好町民の会の会員のコミュニティ、町の人同士のコミュニティなどが作れれば、とてもいいツールになるのではないかと思います。近々トライアル運営を開始しますので、ご協力願えればと思っています。

「始めなければ始まらない」を心の合言葉に頑張ってみようと思いますので、皆様の厳しいご意見や、あたたかいご支援をお願いいたします。

サマーイン応募状況(つづき)

週が明けて月曜日、応募者1人増えて53人となりました。

さらに陸小の参加予定者が34人(正式な申し込みはこれから)と合わせて、87人と、すごい人数になりました。

過去最高人数、1992年の96人に迫る勢い。

通常4つのグループを作ってさまざまな活動を行いますが、
今回はグループを1つ増やす対応が必要になりそうです。

トレーナーの増員など、忙しい1週間になりそうです。

ふるさと銀河線 チョロQ

私の所有する数々の陸別モノを紹介していく「PDの陸別コレクション」。
今回は昨年(2006年)4月に惜しまれつつ廃線となった
ふるさと銀河線関連グッズ第1弾「ふるさと銀河線 チョロQ」です。

DSC02865.jpg
通常版 こちらのほうが後に販売されました。


DSC02867.jpg
999号 銀河つながりで、松本零士氏公認のペイント車両。
イエロー号、ホワイト号の2種類の車両が再現されています。


DSC02870.jpg
おまけの十勝バス バス路線に転換された銀河線。
現在はこの黄色いバスが走っています。


このチョロQ達、もったいなくてまだ封を切っていません。
いつか開封される日が来るのでしょうか?

サマーイン応募状況

今日が2007サマーインの募集締切日でした。
最終的には週明けにならないと確定しないかもしれませんが、
現時点で52人の応募があったとのこと。

…って、52人?

サマーイン初、定員超えです。

うーむ、備品とか、スタッフ人員などを再検討せねばなりません。

嬉しい悲鳴というやつでしょうか。

陸別メール 2007年5月17日

陸別町に関するニュースをお届けします。

十勝毎日新聞社デジタルメディア室発行
【陸別めーる】より

---------------------------------------------

2007年5月11日の記事

野球を“楽しむ”「遊坊’s」 今季の練習スタート


町内の小学生が集い、野球を楽しむ団体「野球で遊坊’s」(事務局・丹野景広さん)が10日、陸別小学校で今季の練習を開始した。小学1-6年生の約20人が参加し、久々のボールの感触を確かめていた。

町内には10年ほど前まで野球少年団があったが、少子化の影響もあり、現在は活動していない。これを受け、町内の社会人5人が指導者となり、子供たちにスポーツの魅力を、楽しませながら伝えている。

この日は基本のキャッチボールを中心に練習し、子供たちは元気に白球を追っていた。参加した竹島悠飛君(陸別小3年)は「楽しみにしていた。今年はキャッチングを上手にしたい」と話していた。

練習は毎週木曜日の午後3時半から同5時まで。同団体では小学1-3年生の練習生と指導者を募集している。問い合わせは事務局の丹野さん(町保健センター内、電話0156・27・8001)へ。(丸山一樹)

---------------------------------------------

2007年5月9日の記事

27日に「町民植樹祭」

今年度の「町民植樹祭」(町、十勝東部森林管理署、町森林組合、東北海道木材協会陸別支部主催)が、27日午前9時から町弥生町の町有林で開かれる。

第58回全国植樹祭開催記念に位置付け、アカエゾマツ800本とミズナラ200本を植栽。くわ、またはスコップ、軍手、長靴、雨具を用意する。町役場前からのバス乗車希望者は午前8時半までに集合。参加者には記念品を贈る。雨天決行。申し込みは18日までに町役場産業振興課林業振興担当(0156・27・2141)へ。

---------------------------------------------

2007年5月8日の記事

道内最少定数の陸別町議会 新体制の議会運営に注目

4月の改選で道内最少の定数8となった陸別町議会の新体制が、7日の臨時会で整った。今回町議選と同時に行われた町長選で立場の違いを鮮明にした、現職、新人議員が主要ポストを分かち合う格好となった。町民の間では、地域の課題解決に一丸となって貢献する議会運営に期待が高まっている。(岩城由彦)

定数6減となった今回町議選には現職7人、新人3人の計10人が立候補。町長選では現職の金澤紘一氏(63)が5選を果たし、町議選でも金澤氏についた新人3人と現職の山本厚一氏(64)=6期=がそろって上位当選。町長選で新人候補を支持した現職6人は2人が落選した。4対4の同数となったものの、実質的には“明暗”が分かれる結果ともなった。

こうした中、議長選では現職最多当選回数の前副議長、河本哲士氏(66)=7期=が単独で5票を獲得し、3票だった山本氏は満票で副議長に。一方、復活した2常任委員会制に基づく総務常任委の正副委員長、産業常任委副委員長には新人3人が抜てきされた。議会運営委員会(議運)と池北三町行政事務組合議会議員の構成を含め、現職と新人がバランスよく役割を受け持つ。

議運を合わせた3委員会の委員数枠は議員定数の2倍の計16人で、最年長の宮川寛氏(71)=3期=は1人で5役をこなす。現職、新人を問わず全員が支え合わなければ立ちゆかないのも当然で、河本氏も「町政には多くの課題がある。8人が一枚岩となり、存在感のある議会にならなければ」と強調する。

町内からは「敗れたとはいえ、町長選の新人候補に寄せられた約1000票の重さは相当なもの。議会内に全くしこりが残っていないとは言い切れないだろうが、今後も理事者に『是々非々』で臨む姿勢は必要」との声も聞かれる。実際、7日の臨時会では現職3人が相次いで質問に立ち、それを印象付けた。

住民の間には「新人議員の手腕なども今のところ未知数で、議会運営の行方がどうなるかは流動的な部分もある」と慎重な見方も。対理事者のみならず、さらなる議会改革への努力も求められる中、顔ぶれが変わった新議会の資質がこれから問われる。

---------------------------------------------

陸別めーるの写真付き詳細記事のアドレスは
http://www.tokachimail.com/rikubetsu/

9年間履いた長靴

今年の2月の「冬の陸別」で、個人的に悲しい別れがありました。

1999年にこのイベントにはじめて参加してから今年まで、9年間共に陸別のしばれを乗り越えてきた「長靴」が、ついにダメになってしまいました。

一連の陸別企画の担当になって、わけもわからず防寒具を買い揃えました。防水の靴も必要だと先輩に言われ、登山用品店や釣具屋を回っても決まらず、最後は当時住んでいた溝ノ口のイトーヨーカドーで購入しました。

ゴム製の長靴の中にボアが敷き詰めてあって、寒い陸別でも何とか私の足を守ってくれました。ゴム長なので履きにくく脱ぎにくいという欠点はあったものの、水を弾きます。滲み込みません。しばれを終えると私のふくらはぎにくっきりとカサブタが輪になっていて、お風呂で沁みる・・・そんな9年間でした。

今年のしばれフェスティバルの人間耐寒テストに参加した際、バルーンマンションの中で長靴を脱ぐと、な・・・なんとぉ!ゴムがバックリ割れています。10年近くも使えば劣化もしますよね。

長年愛用した長靴なので別れるには忍びないのですが、来年は新しい靴を携えてしばれに乗り込もうと思っています。

070204_2123.jpg
サヨナラ。

9つの人間耐寒テスト認定証

しばれフェスティバル「人間耐寒テスト認定証」です。
1999年から2007年まで、9年連続9回の参加。けっこうな記録だと自負しています。来年参加すれば10年連続10回目です。

----------------------------------------------

19990207.18.2107.jpg

第18回しばれフェスティバル
1999年2月6日・7日
通しナンバー2107
ゼッケンナンバー107

続きを読む

サマーイン事務会議

5月10日(木)に、先述の現地打合せを踏まえた2007サマーインの事務局会議が開催されました。

参加者は以下の通り。

団長、モックン事務局長、師匠、テッケン、トッキー、とうちゃん(仮?)、ハギー、ぽったぁ、サッチン、PDえんDo。

中心課題はスタッフ派遣について。トレーナー、事務局は人数や男女比の関係で慎重に調整しなくてはいけません。

この日の時点で子どもたちの参加申し込みは30人を越えているとのこと。

現地打ち合わせレポ(その3)

一通りあいさつ回りを済ませ、イベントセンター(イベセン)へ。ここはサマーインのベースキャンプです。たくさんの備品が保管されています。訪れるのは冬のしばれフェスティバル以来。毎回ここへ来ると「帰ってきた」という感じになります。キャンプファイヤーで使用する女神の衣装やろうそく、薬品類などの備品をチェックしました。次にイベセンからほど近いキャンプ場へ。テント設営やかまどの位置などを確認してきました。

ibesen01.jpg
イベセン前の広場。雪がまだ残ってます。

camp01.jpg
キャンプ地。真ん中にいるのはモックン事務局長。

いよいよサマーインの実行委員会へ。出席メンバーは実行委員長に陸別小学校の校長先生、事務局長に役場産業振興課長、監査に教育委員会次長、委員に陸別小の教頭先生、役場産業振興課、教育委員会の皆さんと我々3人です。今年のサマーインの内容が確認され、陸別町としても本格的にサマーインの準備がスタートしました。

実行委員会の後は懇親会を開催。開始直前に鹿の死体が発見されたとの連絡が入り、産業振興課の皆さんが処理に向かうというハプニング(我々にとってはハプニングですが、町ではそんなに珍しいことではないんですよね)があったりしましたが、昨年のサマーインのビデオを見たり和やかな会になりました。

最終日の3日目は、午前中いっぱい来年に控えた陸別関連事業20周年についての意見交換を、副町長、産業振興課長たちと行い、今年の現地打ち合わせは終了しました。

今年のサマーインも、子どもたちにとって最高の思い出になるようがんばります!

tukushi.jpg
おまけ:銀河線の線路近くのつくし。春ですなぁ。

gingasen01.jpg
おまけ:旧駅舎と銀河線の車両。今後、どう活用されるのでしょうか。

現地打ち合わせレポ(その2)

5月8日。現地打ち合わせ2日目の目玉は夕方に行われるサマーイン実行委員会への出席です。ですがそれまでに関係各所へのごあいさつや、イベントセンターにある備品チェック、キャンプ場の視認など、やることは山盛りです。

まずは役場で町長、副町長、教育長、サマーイン担当の産業振興課・教育委員会の皆さんに到着のごあいさつを。

その後、農協で来年から本格的な出荷を始める陸別アスパラの販売協力に関する打ち合わせをして、実際にアスパラを栽培している農場を見させていただきました。

asparagus02.jpg
広いです。東京ドームと同じくらいの広さだとか。

asparagus03.jpg
遠くに見える山並みは雌阿寒岳。

昼食は秦食堂。かしわそばと豚丼を。豚丼は、大盛を3人でシェアしようとしていたら、お店がはじめから3つに分けて出してくださいました。感謝感激です!☆.。.:*(嬉´Д`嬉).。.:*☆

hatasyokudo.jpg
最近このかしわそばにはまってます。

午後はじゃがいも掘りで毎年お世話になっている農場へ。サマーインの時期は、本当ならじゃがいもの収穫には早いのですが、楽しみにしている子どもたちのために時期をずらして種芋を植えていただいています。ちょうど伺ったときは、その種芋の準備中でした。ありがたいです。

imo01.jpg
種芋。これは男爵?

ondaoda.jpg
いつもありがとうございます!(左は団長)


現地打ち合わせレポ(その1)

ゴールデンウィーク明けの5月7日(月)~9日(水)にかけて、団長、モックン事務局長とともに2007サマーインの現地打ち合わせに行ってきました。

7日は芽室町上美生地区の山村留学施設を視察するため、十勝帯広空港へ。バス移動の後、帯広駅で陸別町役場の皆さんと合流し遅めの昼食をとりました。「豚八」という豚丼専門店です。

butahachi.jpg
メニューはボリューム別に「一郎」から「四郎」まであり、一郎が一番大盛。写真は一郎。

18時半頃に芽室町へ入り山村留学の施設を見学、19時から現地で山村留学の受け入れをしている協議会方にお話をうかがうことができました。

yamanami01.jpg
山村留学の宿泊施設「やまなみ」にて

yamanami02.jpg
中学校がすぐ近く。環境もとてもいいところでした。

視察も無事終わり、途中夕食をとって陸別町へ。町に到着したのは11時近くでした。

役場の皆さんと別れ、この日はオーロラハウスで1泊です。

陸別めーる 2007年5月10日

陸別町に関するニュースをお届けします。

十勝毎日新聞社デジタルメディア室発行
【陸別めーる】より

---------------------------------------------

2007年5月7日の記事

オフロードバトル20日に第1戦 陸別サーキット

「陸別サーキット」を舞台とした恒例のオフロードバトル(町主催)第1戦が、20日午前9時から開かれる。

同サーキットは全長1.3キロ、コーナー20カ所、最長ストレート250メートル、最大斜度30度で、起伏に富んだテクニカルな道内有数のオフロードコース。4輪バギー車と4輪バイクのATVがクラス別に出場する。

600枚製作したポスター(A2判)では、APRC(アジアパシフィックラリー選手権)「ラリー北海道」(7月7、8日)、WRC(世界ラリー選手権)「ラリージャパン」(10月26-28日)もPRしている。

入場料は一般1200円、小・中学生700円。問い合わせは事務局(0156・27・3990)へ。同バトル第2戦は8月5日、同サーキットで開かれる。(岩城由彦)

---------------------------------------------

2007年5月4日の記事

一世帯平均年間4000円の減額に 町国民健康保険税条例

町は、町国民健康保険税条例の改正案を7日開会の臨時会に提出する。一部税率が引き下げられ、一世帯平均で年間約4000円の減額となる。

国保税額は「所得割額」「資産割額」「均等割額」「平等割額」の合計で構成、国の定める範囲内で自治体が設定している。今回、一部税率が引き下げられたことで、一世帯平均の負担額は軽減される形となる。

ただ、固定資産取得者などでは税額が上がる場合もあり、必ずしも減額になるとは限らない。国保税に関する町条例の改正は2004年以来。(丸山一樹)

---------------------------------------------

2007年5月3日の記事

新会長に土屋氏就任 陸別町社協

町社会福祉協議会の新会長にこのほど、前事務局長の土屋吉勝氏(65)が就任した。前会長の大橋雪雄氏は勇退。副会長(2人)は斎藤朋子氏が留任、新たに前町教育長の佐藤章二氏を迎えた。

土屋氏は2002年3月末に町役場を退職、昨年5月末まで同協議会事務局長を務めた。退任後は町手をつなぐ親の会・ふれあい共同作業所の事務局長に専念していたが、かねて辞意を表していた大橋氏の後任として白羽の矢が立った。現在は総務省の行政相談委員としても活躍している。

土屋氏が退いた後、不在となっていた事務局長には4月から元町職員の飛鷹淳一氏が就き、運営体制が整った。土屋氏は「町と連携し、微力ながら町内の福祉向上に努めたい」と話している。(岩城由彦)

---------------------------------------------

2007年5月2日の記事

ゲートボールで熱戦 陸別ライオンズクラブ

陸別ライオンズクラブ(平等志成会長)主催の第22回ライオンズクラブ杯ゲートボール大会がこのほど、町健康増進センターで開かれた。

平等会長が「ゲートボールは奥が深く、頭を使い、体を動かすことで健康にもつながる」とあいさつ。選手を代表して藤田治江さんが宣誓。三上佳彦さんの競技説明に続き、参加者が熱戦を繰り広げた。結果は江下チームが優勝。準優勝は藤田チーム、3位は長屋チームだった。

---------------------------------------------

陸別めーるの写真付き詳細記事のアドレスは
http://www.tokachimail.com/rikubetsu/

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

しばれ君ストラップ

先日2007サマーインの現地打ち合わせで陸別町へ訪れた際に購入!

道の駅「オーロラタウン93りくべつ」の観光・物産館で売っています。
なかなかいい出来で早速ケータイに付けました。

shibarekun.jpg


k-taishibare.jpg

陸別3事業について

「リ・クリエーションサマーinりくべつ」「自然・挑戦in冬の陸別」「冒険・体感inとうきょう」の3事業は、北海道陸別町と電機連合音響部会、そして株式会社エイデル研究所の3者が、1989年6月に「サマーイン計画確認書」を取り交わしたことからスタートしました。また、陸別町と電機連合音響部会との間では「友好提携に関する覚書」も同時に交わされ、自治体と労働組合とが連携をして事業を行うという新しい試みでした。以来、この企画を協同で運営し、それを通してお互いの発展と交流を深めてきました。1999年からは、電機連合情報部会も参画し、現在に至っています。

陸別町は小学生の体験学習、現在及び将来の交流人口の増加に繋げることを、そして電機連合は新たな組合員サービスと労働組合の社会貢献、さらには若手組合員の育成を目的にイベントに取り組んできました。

リ・クリエーションサマーinりくべつ(サマーイン)
サマーインは3事業の中でも一番初めに開催された中心的なイベントです。
毎年夏に北海道陸別町で開催されるサマーキャンプで、2005年時点で17回目をを数えます。普段都会で過ごしている子どもたちの自然体験とともに、現地の子どもたちとの交流も行われています。親元を離れて、北海道の大自然の中でのキャンプ生活を送ることは、参加した子どもたちにとって大きな思い出と経験になっています。
サマーインに参加する子どもたちは、電機連合音響・情報部会に加盟する労働組合の組合員のお子さん(4~6年生)と、陸別小学校の児童(同じく4~6年生)です。
また子どもたちをあずかるトレーナーとして電機連合音響・情報部会に加盟する労働組合の組合員、特に若手の執行委員や将来職場のリーダーになることを期待されている組合員が参加します。

DSC05070.jpg


自然・挑戦in冬の陸別(冬の陸別)
サマーインに続いて1990年からスタートしたイベントです。
冬の陸別町寒さは、「日本一寒い町」といわれる程です。この冬の寒さを逆手に取った「しばれフェスティバル」に参加することで、リーダーシップやイベント企画を体感し、仕事や組合活動、日常生活へ活かすことが目的となっています。お祭りの準備を手伝い、オープニングセレモニーに協力をしたり、ステージ上で参加者自らが企画したイベントを披露したりすることで準実行委員として開催に関わる一方、参加者としてお祭りのメインイベント「人間耐寒テスト」に参加します。
参加者は電機連合音響・情報部会に加盟する労働組合の組合員、特に若手の執行委員や将来職場のリーダーになることを期待されている組合員が中心です。

shibare2007.jpg


冒険・体感inとうきょう(冒険)
北海道陸別町の陸別小学校6年生の東京体験を目的とした宿泊研修です。
「サマーイン」の逆バージョンで、かねてから実現が望まれており、2002年からはじまりました。。
子どもたちは5~6人でグループを作り大人が2人トレーナーとして行動をともにします。
トレーナーの2人のうち1人はサマーインに参加したトレーナーが担当しています。

adventure2007.jpg

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

陸別町について

北海道足寄郡陸別町は、十勝の最北端に位置する人口3200人余りの町です。1902(明治35)年、四国徳島の医師、関寛斎が72歳で北海道十勝国斗満原野開拓を志し、四男又一と入植しました。厳しい環境の中で開拓をすすめてきた寛斎が世を去って六年後の1919(大正8)年に陸別村が誕生し、1999(平成11)年には開基80年を迎えました。

陸別という地名は、もともとはアイヌ語「リクンベツ」に「驪群別」の漢字を当てはめたものでした。驪の字を当てはめたのはかつて陸別一帯に野性の馬が群生していたことからで、意味は鹿のいる川、または危ない高い川。その後「驪群別」は「淕別」となり、1949(昭和24)年以降当用漢字の「陸」となり読み方も「りくべつ」となりました。
町の気候は、風が少なく空気が乾燥しており、冬の良く晴れた日には、放射冷却現象によって翌日の日の出までに気温がぐんぐん下がります。2000年1月に下陸別でマイナス37.7度を記録(公式記録ではアメダスでマイナス33.2度)しました。その日はさらに山あいの民家にある寒暖計がマイナス40度を下回り計測不能になりました。

主な産業は 酪農、林業。また、極寒を利用して日産自動車のテストコースや国立極地研究所の氷柱掘削実験などが行われており、日本一寒い町、陸別の「しばれ」が活かされています。
陸別町は環境庁より昭和六二年度に「星空の街」に選定され、平成九年度には「星空にやさしい街10選」に認定されました。晴れた夜には降り注ぐような星空を見ることができます。町の中心部から程近い銀河の森には、一般公開型の天文台では日本最大級の反射望遠鏡「りくり」を備えた「りくべつ宇宙地球科学館(愛称:銀河の森天文台)」があります。2003年10月下旬にも観測され全国に報道されたオーロラの研究でも有名です。

イベントも盛んに行われており、冬の寒さを逆手に取った「しばれフェスティバル」や町が所有するオフロードサーキットでの大会は道内外から注目を集めています。

DSC00103.jpg


陸別町ホームページ
http://www.rikubetsu.jp/

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

PDえんDoの陸別大好きブログ、はじめます。

陸別事業関係者の皆様こんにちは。PDえんDoです。
「PDえんDoの陸別大好きブログ」は、

○リ・クリエーションサマーinりくべつ
○自然・挑戦in冬の陸別
○冒険・体感inとうきょう

の陸別3事業の情報を中心に、関係スタッフの交流が図れる情報を発信していきたいと思います。

どうぞよろしく!
プロフィール

PDえんDo

Author:PDえんDo
PDとはProgram Directorを略したもので、組織キャンプの役割のひとつです。

電機連合音響部会・情報部会と陸別町、そして株式会社エイデル研究所の3者で、3つのイベント(サマーキャンプによる子どもたちの自然体験「リ・クリエーションサマーinりくべつ」、冬の組合役員(候補)研修「冬の陸別」、陸別小学校6年生の東京体験「冒険・体感inとうきょう」)を共同開催しています。

そして私は、これらのイベントの企画・運営を担当させていただいています。企画の特殊性と安全面を考慮して、日本キャンプ協会のキャンプディレクター2級を取得しました。

陸別町との出会いは1999年の冬。それからもう10年以上になりますが、毎回新しい発見がある町です。そこに住んでいるいる人たちのあたたかさ、町の持つ雰囲気、そしてイベントを通じて出会った仲間たち。
みんな大好きです。

----------------------

陸別企画関連SNS「リクシィ」の運用を開始しました。
サマーイン、冬の陸別、冒険・体感の陸別関連事業に参加したことのある方、スタッフとして携わった方、町の方など陸別に縁(ゆかり)がある方同士で新たな絆を作っていけるようなSNSにしたいと思っています。私が知っている方々には順次招待状をお送りしているところですが、過去の参加者やスタッフの皆様で参加をご希望される方や、まだ招待状来てないけどどうなってんの?という方は、私にメールをお送りください。折り返し招待状をお送りいたします。

○メールあて先
mail@jackie-endo.net

○メールに記載していただきたいこと
お名前、招待状を送るメールアドレス、あなたと陸別の関係

PDのつぶやき
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
同時ログインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
会話スペース
簡易チャットができます。 guest部分を名前に変更できます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。