スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸別めーる 2009年2月26日

陸別町に関するニュースをお届けします。

十勝毎日新聞社デジタルメディア室発行
【陸別めーる】より

---------------------------------------------

2009年2月22日の記事

小・中学校に図書寄贈

陸別ライオンズクラブ(土屋吉勝会長)はこのほど、陸別小と陸別中に図書を寄贈した。
 
土屋会長ら会員が両校を訪れ、陸別小では児童代表の岩崎さんに、陸別中では生徒会長の丹崎さんと同副会長の坂東君に手渡した。会員たちは「今、活字離れの傾向にあるので、読書することにより読解力をつけてほしい」と話していた。

---------------------------------------------

2009年2月22日の記事

ルーリン彗星見えた! 銀河の森天文台で観望会

りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台(町宇遠別)で21日夜、ルーリン彗星(すいせい)の観望会が始まった。初日は天候にも恵まれ、来館者が数万年に一度と言われる天体ショーを満喫した。

同彗星は台湾の鹿林(ルーリン)天文台が2007年7月に発見。今年1月10日に太陽に最接近した後、今月24日昼(日本時間)に地球に最接近する。

この日は23人が来館。午後7時からの説明会では、スタッフが彗星の生い立ちや特徴を紹介。「ルーリン彗星は太陽の周りを地球と逆方向に回る逆行彗星で、尾が短い。次に戻ってくるとすれば数万年後」と説明した。

同8時ごろ、観測が可能になると、来館者は双眼鏡や115センチ反射望遠鏡「りくり」で、淡い光を放つ同彗星の姿を目に焼き付けた。北見市から訪れた堀尾恵美子さん(48)は「この先、見ることができないので感激した」と興奮気味に話していた。

同天文台の筧伸浩主任は「同彗星は今後、4等級まで明るくなるが、まちなかでの観測は難しい。これを機会に天文台に訪れてほしい」と話している。

観望会は3月1日まで。説明会は土・日曜日の午後7時から。月・火曜日は休館。問い合わせは同天文台(0156・27・8100)へ。(宮木宗久)

---------------------------------------------

2009年2月21日の記事

除排雪など奉仕に感謝状 石橋建設

町は18日、市街地高齢者宅の除排雪などのボランティア活動に取り組む石橋建設(石橋勉社長)に感謝状を贈った。

石橋社長、石橋堂裕、田口繁輝両専務の3人が役場を訪れ、金澤紘一町長から感謝状を受けた。金澤町長は「除排雪やしばれフェスへの協力など、町民を代表して感謝している」と述べ、石橋社長は「今後も活動を継続させたい」と話していた。

---------------------------------------------

2009年2月20日の記事

郷墨会の2人が書展

陸別郷墨会に所属する佐々木秀子(号・秀香)さんと穴澤信子(号・信泉)さんによる書の2人展が、町内のアートサロンガンビーで開かれている。

郷墨会は1979年に発足した書道グループで、今年で30年。今回は佐々木さんが「人生都是夢…」(創作)など7点、同会会長でもある穴澤さんが「地面に 三宅武治詩…」(調和体)など8点を展示している。27日まで。午前10時-午後6時。

---------------------------------------------

2009年2月19日の記事

新事業展開を模索 町商工会 鉄道と星空観光開発

今年度、中小企業庁の「地域資源∞全国展開プロジェクト」に採択された「鉄道と星空を生かしたロマンある観光開発事業」で、町商工会(石橋強会長)の第2回プロジェクト委員会(野尻秀隆委員長)がこのほど同商工会で開かれた。これまでに実施した各種事業を報告、専門家委員から中長期的な計画づくりに向けた提言を受けた。同商工会は3月上旬までに最終報告をまとめ、これを基に、来年度以降の新たな事業展開を模索する。

商工会会員、伊藤直哉北大準教授ら専門家委員、鉄道アナリスト・川島令三氏らオブザーバーの合わせて約20人が出席。同商工会の平等志成事務局長が、今年度、全国展開プロジェクトとして実施したりくべつ鉄道と屋台村コラボレーション事業「商工会青年部屋台村」(昨年8月)や、同鉄道におけるアンケートなどの各種事業を紹介した。

各種アンケートでは、同鉄道や銀河の森天文台など町内には魅力ある観光資源があるものの、昼食を取る場所や陸別ならではの土産品がないなどの意見もあった。

中長期計画に向けた提言では、「りくべつ鉄道には潜在的な力がある。一気に事業を進めず、こつこつと着実に進めていくことが重要」(伊藤准教授)、「遠路はるばる来る観光客のためにも、体験したことを証明するような土産づくりが必要」(高橋功・北海道21世紀総合研究所調査研究部長)などが出た。

地域資源∞全国展開プロジェクトは2006年度から始まり、商工会などが地域の事業者とともに、新商品や観光資源開発を図る際に支援する。補助金は単年度となっている。(宮木宗久)


鉄道アナリスト川島氏 講演 
「話題性」づくりを りくべつ鉄道の将来語る

町商工会(石原強会長)の全国展開プロジェクト講演会がこのほど、町商工会で開かれた。鉄道アナリストの川島令三氏が「りくべつ鉄道と観光開発について」と題して講演。川島氏は「りくべつ鉄道には保存鉄道として可能性がある。今後は話題性のあるものを作っていくことが大切」と説いた。

川島氏は岡山県の片上鉄道保存会や群馬県の碓氷峠鉄道文化むらなど各地の保存鉄道について紹介。りくべつ鉄道には旧陸別駅-川上駅間の鉄路10.47キロが残っていることについて、「営業区間の延長により、ほかの保存鉄道との差別化を図ることができる。体験運転だけではなく、2、3年のスパンで次の目玉を増やしていくことができれば鉄道ファンの聖地にすることも可能」と強調した。

今後の運営体制については「お金を払ってでも鉄道にかかわりたい人はいる。鉄路や気動車の保守も含め、NPO法人を設立し、会費を取ってサービスを提供していくことが良いのでは」と提言した。

---------------------------------------------

陸別めーるの写真付き詳細記事のアドレスは
http://www.tokachimail.com/rikubetsu/
スポンサーサイト

陸別めーる 2009年2月19日

陸別町に関するニュースをお届けします。

十勝毎日新聞社デジタルメディア室発行
【陸別めーる】より

---------------------------------------------

2009年2月10日の記事

耐寒を体感!! 陸別しばれフェスにぎわう

町最大のイベントで、7、8の両日、町ウエンベツイベント広場で展開された「第28回しばれフェスティバル」(実行委員会主催)。今年は名物の「人間耐寒テスト」に241人が挑戦したほか、「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」(町商工会運営)の気動車の原寸大雪像も登場し、例年以上に熱気あふれるイベントとなった。住民や観光客らが寒さを忘れて楽しんだ、会場の様子を写真で紹介する。(文・写真、宮木宗久)

---------------------------------------------

陸別めーるの写真付き詳細記事のアドレスは
http://www.tokachimail.com/rikubetsu/

2009冬の陸別まとめ

大成功に終わった2009冬陸。
写真と共に振り返ってみましょう!

◆第1日目◆

いよいよ始まった2009冬陸!
女満別空港に降り立った19人の参加者と6人の事務局!
4日間と短い期間ではありますが、
たくさんの想いに触れる4日間になるでしょう。

女満別空港
fuyuriku20090062.jpg

陸別町役場での入町セレモニー
fuyuriku20090208.jpg

ファーストセッション
fuyuriku20090261.jpg

作業体験
fuyuriku20090329.jpg

マイナス19度まで冷えました!
fuyuriku20090385.jpg


◆第2日目◆

明け方はマイナス20度を超える寒さでした。
午前中はアトラクションの最終仕上げ。
お昼を町の食堂でとってしばれフェスティバル会場へ。
今日からいよいよお祭りが始まります!

アトラクションの最終準備
fuyuriku20090543.jpg
fuyuriku20090544.jpg

町の食堂で昼食 秦食堂ですね。
fuyuriku20090578.jpg

臨時運行中の銀河線に乗車できたグループもありました!
fuyuriku20090595.jpg
fuyuriku20090597.jpg

フェスティバル会場準備作業
fuyuriku20090683.jpg
fuyuriku20090693.jpg

しばれフェスティバル開幕です!
電機メンバーはスターライトパレード担当です!
fuyuriku20090798.jpg
fuyuriku20090809.jpg
fuyuriku20090819.jpg

自治労テントでジンギスカンいただきました!
fuyuriku20090848.jpg

冬空に映えるしばれ花火、サイコーです!
fuyuriku20090858.jpg
fuyuriku20090925.jpg

夜間イベントも盛り上がりました。
fuyuriku20090990.jpg
fuyuriku20090960.jpg

そして夜はバルーンマンション。
fuyuriku20091005.jpg


◆第3日目◆

お祭り2日目。そしていよいよ電機連合アトラクション!
今年は「WE LOVE りくべつ鉄道 リレークイズ」です。
みんなで豪華賞品をゲット!!

夜が明けるとかなり雪が積もっていました。
fuyuriku20091009.jpg

人間耐寒テスト認定証をもらう行列
fuyuriku20091020.jpg

朝食
fuyuriku20091022.jpg

雪の結晶
fuyuriku20091034.jpg

電機連合の出店「さら~inりくべつ」
fuyuriku20091036.jpg

そしていよいよ電機連合アトラクション
「WE LOVE りくべつ鉄道 リレークイズ」
fuyuriku20091067.jpg
fuyuriku20091079.jpg
fuyuriku20091097.jpg
fuyuriku20091075.jpg
fuyuriku20091182.jpg

鹿肉ステーキ、絶品です!
fuyuriku20091203.jpg

フェスティバルも終わり、後片付け
fuyuriku20091236.jpg
fuyuriku20091232.jpg

お疲れ様!
fuyuriku20091253.jpg
fuyuriku20091262.jpg

感動の実行委員反省会
fuyuriku20091325.jpg
fuyuriku20091369.jpg
fuyuriku20091381.jpg

夜は壁新聞作成です!
fuyuriku20091410.jpg
fuyuriku20091414.jpg

◆第4日目(最終日)◆

今日でいよいよ冬陸も最終日です。
昨夜遅くまでかけて作成した壁新聞の発表をした後、
それぞれこの研修で何を得ることが出来たのかをグループ内で討議しました。
各グループの個性あふれる壁新聞は、
お別れセレモニーで金澤町長に手渡され、
町役場のロビー等にしばらく展示されることになります。

壁新聞発表
fuyuriku20091437.jpg
fuyuriku20091439.jpg
fuyuriku20091442.jpg
fuyuriku20091449.jpg

団長からメンバーへ
fuyuriku20091483.jpg

お別れセレモニー
fuyuriku20091527.jpg
fuyuriku20091518.jpg

記念撮影
fuyuriku20091533.jpg
fuyuriku20091545.jpg


こんな感じに展示されました。
kabeotoko.jpg
kabeonna.jpg


一人ひとりの思いには違いこそあれ、
それぞれが感じた「陸別」を大切にして欲しいと思います。
そしてこの研修でできた「絆」を
これからどんどん太く育てていけたら最高ですね。

fuyuriku20091571.jpg


また来年も、最高の冬になりますように。

陸別めーる 2009年2月12日

陸別町に関するニュースをお届けします。

十勝毎日新聞社デジタルメディア室発行
【陸別めーる】より

---------------------------------------------

2009年2月9日の記事

高橋知事、十勝を体感 しばれフェス、りくべつ鉄道運転

高橋はるみ知事が7、8の両日、来勝。陸別町の「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」(町商工会運営)や、帯広市内の地域活動支援センターなどを視察した。

りくべつ鉄道(旧陸別駅構内、昨年4月開業)には8日午前、初めて訪れ、町商工会の山本周二副会長から運営状況や課題などの説明を受けながら、気動車の体験運転に挑戦。ボランティア運転士の樋口達也さん(48)の指導で構内を運転した後、雪でできた特設ホームに気動車をぴたりと停車させた。

高橋知事は「とても緊張したが、乗客の命を預かる運転士の気持ちが分かった。鉄道遺産を生かした観光資源として魅力を感じるので、道としても(支援など)できることを金澤紘一町長とともに考えていきたい」と述べた。

陸別ではほかに、7日夜から「第28回しばれフェスティバル」を視察。8日は関寛斎資料館や銀河の森天文台も視察した。(宮木宗久)

市内施設視察意見交換も 

7日には、帯広市内の地域活動支援センター「キッチンハウスあしたば」(西3南4)を訪れ、福祉関係者や利用者らと意見交換を行った。

同施設を運営するNPO法人十勝障害者サポートネットの小栗静雄理事長が施設の概要を説明。砂川敏文市長が「帯広は障害者の自立をサポートする活動が活発。市としても支援を後退させるわけにはいかない」と述べ、道に対して協力を求めた。高橋知事は「十勝は障害者自立支援に関しては日本一の先進地域。地域活動支援センターは地域で支え合って初めて機能するが、行政としてもできる限りの支援をしたい」と応じた。

知事から名刺を手渡された利用者が、知事の後援会を買って出て列席者の笑いを誘う場面もあり、和やかな雰囲気に包まれた。(丹羽恭太)

---------------------------------------------

2009年2月7日の記事

“銀河線”も運行 しばれフェス今夜開幕

旧陸別駅構内で気動車の運転体験などを展開している「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」(町商工会運営)は、7日正午から無料乗車体験の特別運行を始めた。同日夜に開幕する町最大のイベント「第28回しばれフェスティバル」(実行委員会主催)に合わせての試みで、冬季に気動車が走るのは2006年4月の旧銀河線廃止以降、初めて。

特別運行は、同フェスに合わせて雪で造られた2日間限りの特別駅「しばれ(紫晴)」駅の「480(しばれ)番線」で実施。乗車した人には乗車証明書を発行する。

両日とも20分おきに7本を運行。初日は家族連れや観光客らでにぎわい、記念写真を撮るなど乗車体験を楽しんだ。友人らと訪れた有田君、山崎君と弟は「楽しかった。列車の揺れなどが面白かった」と笑顔で話していた。8日は午前11時から運行する。

しばれフェスは7日午後6時、町ウエンベツイベント広場で開幕。名物の人間耐寒テストなど多彩なイベントが行われる。同フェスの問い合わせは実行委員会(0156・27・3990)、りくべつ鉄道(0156・27・2244)へ。(宮木宗久)

---------------------------------------------

2009年2月6日の記事

陸別しばれフェス りくべつ鉄道 原寸大雪像に

「しばれフェス」会場の陸別町ウエンベツイベント広場では、7日夕のオープニングへ準備が進み、“銀河線コラボ企画”となる「りくべつ鉄道」原寸大雪像の作業も大詰めを迎えた。

雪像は高さ3メートル76、長さ16メートル30、幅2メートル70と気動車の大きさを忠実に再現。窓には板氷を使用し、夜間はライトアップする。既に外観はほぼ完成、現在は台車など細部の作業を行っている。雪像製作現場責任者の米倉剛さん(31)は「これだけの大きさの雪像造りは初めて。できる限りのことはやった」と力を込める。

暖気と雨の影響で倒壊した「人間耐寒テスト」用のバルーンマンションも目標の80戸に到達、挑戦者を迎える準備が整った。初日は午後6時からのセレモニーに続き、物まね歌謡ショー「ノブ&フッキー」ショーなど多彩なイベントが行われる。(宮木宗久)

---------------------------------------------

2009年2月6日の記事

りくべつ鉄道、準備着々 しばれフェス特別運行

「第28回しばれフェスティバル」(実行委員会主催)=7、8日・町ウエンベツイベント広場=に合わせて行う無料乗車体験の特別運行に向け、「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」(町商工会運営)は5日、旧陸別駅構内で、除雪車(排雪モーター=排モ)による除雪作業などを行った。

駅構内での除雪作業は、旧ふるさと銀河線の廃線以来約3年ぶり。構内ではスピードを出せないため、排モは徐行しながら雪をはねのけ、ポイントでは商工会員らがスコップなどで除雪に励んだ。

構内には、雪でできた2日間限りのホーム「480(しばれ)番線」(長さ25メートル)も登場、臨時駅「しばれ(紫晴)」駅の看板も完成した。

このほか、漫画家、松本零士さんデザインの「メーテル号」内に、旧銀河線のNゲージなど鉄道関連グッズも展示される。運行は7日は正午から、8日は午前11時から。それぞれ20分おきに7本を運行する。問い合わせはりくべつ鉄道(0156・27・2244)へ。(宮木宗久)

---------------------------------------------

2009年2月6日の記事

牛乳パックアート水掛け完成へ 陸別小の児童 

陸別小学校(玉堀泰正校長、児童129人)はこのほど、「第28回しばれフェスティバル」会場に制作した牛乳パックアートに噴射機で水を掛け、凍らせる作業を行った。

同アートは、1年生から6年生までを4つに分けた縦割り班で制作。縦横とも180センチの4枚の板に牛乳パックをそれぞれ約300個張り付け、同フェスのマスコット「しばれ君」や地球などを描いて陸別をPRする。この日は6年生が作業に励み、瀧澤君は「(多くの人に)もっと陸別を知ってもらいたい」と話していた。(宮木宗久)

---------------------------------------------

2009年2月4日の記事

陸別小しばれフェスで新聞発行 児童が取材、当日無料配布

同校は昨年のしばれフェスで、マスコット「しばれ君」をかたどったストラップなど手作りの土産品を販売。今年は5年生がハンカチやカレンダーなどの手芸品、6年生は缶バッジを販売する。

新聞の発行は、来場者に陸別のPRを-という児童の発案で決め、6年生が3学期に入った1月下旬から準備を開始。既に金澤紘一町長を取材したほか、同31日には「人間耐寒テスト」で使うバルーンマンション造りなどに励む実行委のメンバーにインタビューし、「大変なことは」「どれくらい水を使うのか」などと熱心に質問した。

新聞はB4判サイズで手書きのものをコピーし、約300枚を配る予定。有田さんは「取材は楽しい。みんなに陸別のことを知ってもらえれば」と話し、6年生の担任・八木智子教諭は「子供たちには、同フェスと町を調べることで新たな発見をし、陸別の良さを再認識してほしい」と願っている。(宮木宗久)

---------------------------------------------

2009年2月3日の記事

書道家が生徒指導 陸別中 心込め筆握る

道教委の委託事業「小・中学校学力STEPアッププロジェクト」の実践校となっている陸別中学校(伊倉将光校長、生徒56人)でこのほど、同事業の書写の授業が行われ、町内の書道家3人が1年生16人を指導した。

同校は2006年度から、同プロジェクトのうち、地域の人材を活用し学力向上のための実践的な調査研究を行う「Sプロジェクト」を、書写と美術に導入している。

書写は国語の授業として実施。町内の書道グループ「郷墨会」の穴澤信子会長(60)、野島俊彦さん(66)、佐々木秀子さん(82)が指導者を務め、手本を披露した後、行書と楷書(かいしょ)の違いや心の込め方、筆の強弱などをアドバイスした。

生徒たちは初めは苦戦しながらも、次第に上達。阿部君は「書写は、普通に字を書く際もうまくなるので良いと思う。失敗もあったが、やり応えがあった」と笑顔。野島さんは「習字は性格が出るので、それぞれの字で伸び伸びと書いてほしい」と話していた。(宮木宗久)

---------------------------------------------

陸別めーるの写真付き詳細記事のアドレスは
http://www.tokachimail.com/rikubetsu/

帰ってきました。

昨日(9日)、無事冬の陸別全日程を終えて帰ってまいりました。

しばれフェスティバルも大盛況のうちに幕を閉じました。

私は本日はお休みを頂いていたんですが、一日中爆睡していました(笑)

なるべく早めに2009冬の陸別のまとめをアップしたいと思います。

しばれフェスティバル開幕

20090207194903
20090207194901
冬陸2日目です。本隊スケジュールにはいると慌ただしく更新がなかなか出来ておりません。

いよいよ第28会しばれフェスティバル開幕です!

電機メンバーもオープニングセレモニーに協力しました。

2日間、しばれを満喫します!

いよいよです…

今日の作業も終わり、いよいよ明日は本隊の到着です。

夜の作業ではあまり気温が下がりませんでした。
ただ予報では電機メンバーが到着する夜はそこそこ冷えそうです。

参加者同士、そして実行委員会はじめ町の皆さんと仲良くなって、
思い出深い冬の陸別にしてほしいと思っています。

まずは明日(明けて今日ですが)、女満別空港でお待ちしています!


しばれフェスティバル期間運行するりくべつ鉄道の車両と事務局長
090205_1425~01

初めての経験

今日は朝から関係各所へのあいさつ回りや備品の買い出しを行っています。

昨夜、フェスティバルの会場準備のお手伝いを11時までした後、
25時過ぎまで実行委員の皆さんと語りました。
実行委員長も今年の参加メンバーと会えるのをとても楽しみにしてくれています。
そんな感じだったので就寝は明け方の4時。(残った仕事もあったので)
若干寝不足気味ですが、町の皆さんはお祭りの準備でこんなハードな日々を1カ月も続けている事を思うと頭が下がります。


で、ついさっき生まれて初めての体験をしました。


それは…



「職務質問」(爆)



いえね、不足品の買い出しに行った帰りに
顔なじみの陸小の子たちに会ったので立ち話していたんですよ。
そしたらパトカーがやってきて

「人だかりが出来てますが何かあったんですか?」

「町の人ではないようですがどこから来ましたか?」

と。


えー、確かに僕は半袖で外歩いてました。
そんな人いないですよね。この季節に。

でも気温プラス1度で暖かかったし、
すぐ戻ってくるつもりだったし。

子どもらには「えんDoさんが警察に捕まりそうになった~」
とか「そんな格好してるからだよ~」とか言われましたよ。
明日学校で言いふらさないように!



うーん、そんなに怪しく見えたのかなぁ。

フェスティバル準備作業

20090204220333
20090204220331
夜の準備作業をお手伝いしています。
気温マイナス17度の中、田事務局長も水かけしてます。
バルーンは過去最多の80基出来ています!

うお~寒~い。

10度

20090204190929
冷えてきました。

北海道上陸

20090204164526
女満別空港に無事到着しました。
備品等の購入をするため美幌の街を移動中です。

出発

20090204123207
20090204123205
羽田空港です。出発します!

いよいよ冬陸はじまります!

本日、私と田事務局長の2人が冬の陸別の先発隊として陸別へ出発します。
今年はどんな「しばれ」になるのか今から楽しみです。

可能な限り状況もアップできればと思っていますが、どうでしょうw

では参加者の皆さん、現地でお会いしましょう!
プロフィール

PDえんDo

Author:PDえんDo
PDとはProgram Directorを略したもので、組織キャンプの役割のひとつです。

電機連合音響部会・情報部会と陸別町、そして株式会社エイデル研究所の3者で、3つのイベント(サマーキャンプによる子どもたちの自然体験「リ・クリエーションサマーinりくべつ」、冬の組合役員(候補)研修「冬の陸別」、陸別小学校6年生の東京体験「冒険・体感inとうきょう」)を共同開催しています。

そして私は、これらのイベントの企画・運営を担当させていただいています。企画の特殊性と安全面を考慮して、日本キャンプ協会のキャンプディレクター2級を取得しました。

陸別町との出会いは1999年の冬。それからもう10年以上になりますが、毎回新しい発見がある町です。そこに住んでいるいる人たちのあたたかさ、町の持つ雰囲気、そしてイベントを通じて出会った仲間たち。
みんな大好きです。

----------------------

陸別企画関連SNS「リクシィ」の運用を開始しました。
サマーイン、冬の陸別、冒険・体感の陸別関連事業に参加したことのある方、スタッフとして携わった方、町の方など陸別に縁(ゆかり)がある方同士で新たな絆を作っていけるようなSNSにしたいと思っています。私が知っている方々には順次招待状をお送りしているところですが、過去の参加者やスタッフの皆様で参加をご希望される方や、まだ招待状来てないけどどうなってんの?という方は、私にメールをお送りください。折り返し招待状をお送りいたします。

○メールあて先
mail@jackie-endo.net

○メールに記載していただきたいこと
お名前、招待状を送るメールアドレス、あなたと陸別の関係

PDのつぶやき
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
同時ログインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
会話スペース
簡易チャットができます。 guest部分を名前に変更できます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。