「陸別が、好きっ!」リニューアル

長らく仮ページでの公開を続けておりました「陸別が、好きっ!」ですが、ようやくリニューアルできました。時同じくして陸別町のページもリニューアルされてますね。これって運命?

リニューアルできたとはいえ、細かい部分で追加・修正を加えつつ内容を充実させていきたいと思っております。それと基本的には「陸別が、好きっ!」はイベント終了後のまとめの情報を記録してデータベースとしても活用できるものにしていきます。イベント開催時の速報や雑多な話はこのブログですることで、差別化も図っていきたいと思います。


今後とも「陸別が、好きっ!」および「PDえんDoの陸別大好きブログ」をよろしくお願いします。

陸別が、好きっ! http://www.eidell.co.jp/rikubetsu/

陸別めーる 2009年6月25日

陸別町に関するニュースをお届けします。

十勝毎日新聞社デジタルメディア室発行
【陸別めーる】より

---------------------------------------------

2009年6月21日の記事

温かな光で天体語る 天文台でキャンドルナイト

りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台は20、21の両日、夏至(21日)に合わせて、屋上の電灯を消してロウソクをともし、地球に優しい生活を見つめ直す「キャンドルナイト」を開催している。

同イベントは夏至と冬至の夜に電気使用を控え、地球に優しい生活を見つめ直すため、2003年から全国各地で開かれている「100万人のキャンドルナイト」の一環。

20日は、午後7時から、屋上や大型反射望遠鏡「りくり」が収まるドームでロウソクに火がともされると、温かみのある光が幻想的な雰囲気を演出していた。

「天候が悪くても望遠鏡の解説などを行っているので、訪れてもらえれば」(筧伸浩主任)と話していた。

同イベントは午後7時-同10時半まで。問い合わせは同天文台(0156・27・8100)へ。(宮木宗久)

---------------------------------------------

2009年6月20日の記事

伊藤さん所有牛 最高位に輝く 陸別家畜共進会

第40回町家畜共進会(JA陸別町主催)がこのほど、育成センター(町殖産)で開かれた。

乳牛と黒毛和種の計10部門に約40頭が出陳された。乳牛のグランドチャンピオンにはウイング・ジヨーダン・ゼネス(伊藤弘さん)、ジュニアチャンピオンにはアミダ・フアースト・ダンデイ・サクラ(編田牧場)、黒毛和種の最高位にはりくべつはなえ(森井英喜さん)が輝いた。(宮木宗久)

---------------------------------------------

2009年6月20日の記事

人口対策 移住体験住宅整備へ 家具完備 今秋にも完

町は今年度、減少が続く人口対策として移住促進住宅を整備する。町東2ノ2の町職員住宅跡地に、短期移住など宿泊体験のできるモデル住宅を建設する予定。家具や照明器具も整備する考えで、「移住具現化に向けた参考になれば」(総務課)としている。

先の定例町議会で、国の地域活性化・経済危機対策臨時交付金を活用した移住促進住宅整備事業として、事業費1943万円を盛り込んだ予算案が可決された。

モデル住宅は木造平屋96.30平方メートルを予定。今後、着工に向けて入札などを行い、秋ごろまでには完成させたい考え。

建設予定地は役場や診療所などの公共施設、飲食店などが近い。町は「移住、定住希望者は退職者も多いので、立地条件にも配慮した」(同)としている。

町は昨年12月、町商工会やJA陸別町など各関係機関とともに、交流人口拡大や定住に向けた「町交流・定住促進検討会議」(事務局・町総務課)を設置。現在、関係機関で、林業や農業などの職業体験、観光体験といったメニューなどを検討している。(宮木宗久)

---------------------------------------------

2009年6月17日の記事

盛り上がり“史上最高” 陸別小 開校100周年祝う運動会

陸別小学校(玉堀泰正校長、児童113人)の開校100周年記念大運動会が15日、同校グラウンドで開かれた。「史上最高の戦い!~100の歴史と113の気合~」をテーマにプログラムを展開。父母らを交え、高所作業車を利用しての記念撮影も行われた。

雨で当初予定の13日から順延しての開催。天候にも恵まれ、父母らが多数訪れた。節目にちなんだ100年玉リレーや、協賛会(朝倉昭雄会長)の協力で製作した法被を着ての全校ソーラン踊りなどが次々と繰り広げられた。

児童会長の中根さんは「今までの運動会より盛り上がり、全校ソーラン踊りもうまくいった」と笑顔。本田学PTA会長も「子供たちの記憶に残るような最高の運動会になったのでは」と話していた。

同校は1910年に足寄教育所付属第2陸別教授場として開校。今年度は記念事業として、モニュメント制作(8月)や式典(10月)などを予定している。(宮木宗久)

---------------------------------------------

2009年6月16日の記事

日産車購入陸別町が助成 町民対象 10万円以上で検討

町は、町内にテストコースを持つ日産自動車(本社東京)の新車を購入した町民を対象に、助成金を支給する。日産車の販売減脱却に寄与、町内の自動車関連業界を活性化することが目的で、16日の定例町議会に関連予算510万円を計上した。助成額は最低10万円以上の方向で検討している。町によると、同様の取り組みは、スズキのテストコースがある上川管内下川町に次いで道内2例目、全国では5例目。

予算額のうち335万円は国の地域活性化・経済危機対策臨時交付金を充て、残りは町が負担する。町商工会(石橋強会長)に委託して実施する予定。今年4月1日以降に、町内3事業所で日産車を購入した町民が対象。助成額は車種によって異なる。

助成額や支給開始時期などは、町内の関連業界と協議中。田中芳美副町長は「車種によっては、国の購入補助制度と合わせて利用すれば、数十万円の値引きになるのでは。日産が販売予定の電気自動車の購入も検討しており、協力していきたい」と話している。

同社のテストコース「北海道陸別試験場」は、世界最大級の高速周回曲線路(1周8.1キロ)など各種試験施設を備え、寒冷地試験を中心とした技術開発の拠点となっている。年間約1万人の技術者が訪れ、年約1億円の固定資産税ほか、施設建設や燃料購入などの経済効果、町内各イベントへの協力など町への貢献は大きい。町も公用車に日産車を採用するなど協力している。(宮木宗久)

---------------------------------------------

陸別めーるの写真付き詳細記事のアドレスは
http://www.tokachimail.com/rikubetsu/

2009サマーイン事前研修開催!

6月13日(土)に、今年のサマーインの事前研修が開催されました。
今年の参加者は電機のお子さんが26人。3グループとなります。
というわけで今年のトレーナーは9人。
みんなとても楽しい人たちばかりです!

研修後の懇親会では既にそれぞれのニックネームが決まりだしている模様!
(私、まだ詳細は知りませんw)

もう今から7月が待ち遠しいです。

事前研修の様子
09sjizen001.jpg

歌と手話の練習
09sjizen005.jpg

2009サマーイントレーナーの肖像
09trainer.jpg

今年も夏がはじまる

いよいよ今週の土曜日(6/13)、2009リ・クリエーションサマーinりくべつの事前研修が開催されます。我々スタッフサイドからすると、この事前研修があって、本当にその年のサマーインがはじまると言っても過言ではありません。

ご承知のように、今日本国内、というか世界中で新型インフルエンザが発生しています。
国内に関しては一時のパニック的な反応や報道も減り、私の周囲でマスクをしている人もほとんど見かけなくなりました。
そうはいってもいまだに新たな発症者が報告されていることも事実。

イベントを行うにあたっては、常に最新の情報を収集し、細心の注意を払って準備を進めていきたいと思います。
我々スタッフも、そして受け入れてくださる陸別町も、考えられる対応策を可能な限り行い、
子どもたちが安心して参加できるよう、ご家族の皆さんが安心して送り出せるように力を尽くしたいと思います。

 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
| さあ、今年の夏も最高の夏にしましょう! |
 \_  _______________/
    V
  summerfoxneck.gif



陸別めーる 2009年6月11日

陸別町に関するニュースをお届けします。

十勝毎日新聞社デジタルメディア室発行
【陸別めーる】より

---------------------------------------------

2009年6月7日の記事

新町で清掃美化活動

新町2区町内会(三浦成作会長)はこのほど、同地域で清掃美化活動を行った=写真。「自分たちが住む地域を自分たちの手できれいに」(杉本武勝衛生部長)と同活動を始め、5年目。この日は約70人が参加。地域内のごみを丁寧に拾い集めたほか、道路清掃やゴミステーションの整理にも取り組んだ。

---------------------------------------------

2009年6月6日の記事

ちほく体験観光協会 修学旅行誘致9月実現へ 農業など体験観光

ちほく体験観光協会(若林伸一代表)が目指す十勝東北部への道外修学旅行生の誘致がこの秋、初めて実現する見通しだ。9月中旬にも兵庫県の公立高校生が修学旅行で本別と足寄、池田に立ち寄り、農業を中心とする体験観光を楽しむ予定。陸別を加えた4町連携による、足掛け3年余りのプロモーション活動が結実する形。事務局の本別町企画振興課は「これを足掛かりに、さらに誘致を進めたい」としている。

同協会は、産業観光形成を目的に、4町の観光業者と役場担当課職員で2005年度に設立した「十勝東北部地域観光事業検討委員会」が母体。修学旅行誘致の受け皿づくりなどの検討を重ね、一定の需要見込みを確認した08年4月、民間主導型の組織として同協会に改組した。主に十勝東北部における体験観光メニューのコーディネートや、道外へのプロモーション活動を展開している。

事務局によると、これまで道東方面における修学旅行需要は景勝地回りが中心だったが、「農作業体験や自然体験型の観光メニューが注目されつつある」という。特に同協会は道外プロモーションの中で、各町の地域観光資源を盛り込んだ近隣4町一体型の観光メニューを提案してきた経緯もあり、「受け入れ態勢が整っていることも評価され始めた一因」と受け止める。

初めて受け入れる一行は兵庫県内の公立高校の2年生141人。修学旅行で十勝に滞在中の9月24日、池田でワイン城見学、本別で農作業体験、足寄では林業体験と化石博物館の見学を盛り込んでいる。陸別については、一行が宿泊する音更町十勝川温泉から距離があるため、今回は訪問先に含まれない見通し。

同協会は今後、修学旅行生の宿泊地として「ネイパルあしょろ」(足寄)を紹介していくとともに、各町で農家民泊の受け入れ態勢を充実させる考え。事務局は「道外プロモーションの中で積極的に提案し、4町を拠点とする修学旅行を定着させたい」としている。(杉原尚勝)

---------------------------------------------

2009年6月4日の記事

消防団が春季演習

陸別消防団(山本和典団長、56人)の春季消防演習がこのほど陸別消防署前で行われ、団員が日ごろの訓練の成果を披露した。

団員46人が参加。金澤紘一町長や秋山勝幸消防長、町議らが見学した。小雨が降りしきる中、消防車両の点検業務や小隊訓練、消防操法などを展開。小隊訓練では号令に合わせてきびきびと隊列を替え、見学者の拍手を誘っていた。

---------------------------------------------

2009年6月3日の記事

市街地でマイマイガ駆除

町内の石橋建設(石橋勉社長)はこのほど、国道242号と道道津別陸別線に面する市街地で、住宅や店舗などに生み付けられたマイマイガの卵塊や幼虫を駆除するボランティア活動を行った。

地域貢献事業として実施。20人が2班に分かれ、高所作業車も使い、2階建て店舗や道の駅・オーロラタウン93りくべつ、住宅など約100戸で殺虫剤を散布した。石橋堂裕専務は「今後も要望があれば行いたい」と話していた。

---------------------------------------------

陸別めーるの写真付き詳細記事のアドレスは
http://www.tokachimail.com/rikubetsu/

陸別めーる 2009年6月4日

陸別町に関するニュースをお届けします。

十勝毎日新聞社デジタルメディア室発行
【陸別めーる】より

---------------------------------------------

2009年5月30日の記事

新たに「たより」発行へ 陸別自治会連合 渡部会長ら再任

町自治会連合会(渡部勇会長)の今年度の定期総会がこのほど、町役場で開かれた。任期満了に伴う役員改選では渡部会長を再任した。

委任状を含めて26人が出席。渡部会長、金澤紘一町長があいさつ。議事では、新たに同連合会の活動を周知するための「自治会連合会だより」の発行などを盛り込んだ今年度の事業計画案、予算案を決めた。再任を受け、渡部会長は「今後の自治会活動に向けて頑張りたい」と抱負を述べた。(宮木宗久)

---------------------------------------------

2009年5月29日の記事

JA陸別町 生乳生産が過去最高 販売高は前年比4.8%増

JA陸別町(西岡悦夫組合長、正組合員127人)の第61回通常総会が27日、同JAで開かれた。2008年度の販売高は、生乳生産が過去最高の3万5608トンとなったことなどから、前年比4.8%増の34億7096万円。役員改選では理事8人を再任、その後の理事会で西岡組合長を互選した。

委任状などを含め104人が出席。西岡組合長は「昨年度は農業資材高騰などの影響を受けたが、全体としてはおおむね良好な結果。財産基盤の充実に努め、組合員のよりどころとなるべく経営を進める」とあいさつした。

08年度決算では、経常利益が8913万円(前年比9.7%減)。当期未処分剰余金8686万円のうち、5000万円を経営基盤強化積立金に充て、271万円を出資配当金とする。

今年度は地域農業振興計画・中期経営計画(04年度からの5カ年)の最終年度となるため、次期計画の樹立に向け組合員にアンケートなどを行うほか、地域農業の維持拡大の実践などに取り組む。(宮木宗久)

---------------------------------------------

2009年5月28日の記事

アカエゾマツ600本植樹 植樹祭

今年度の町民植樹祭(町、十勝東部森林管理署、町森林組合、東北海道木材協会陸別支部主催)がこのほど、町宇遠別の町有林で開かれ、林業関係者や親子連れなど約100人がアカエゾマツ600本を植樹した。

家具製造・販売のニトリ(札幌市、似鳥昭雄社長)の「ニトリ北海道応援基金」の助成金を活用して開催。開会式では金澤紘一町長が「利別川の最上流に位置する町の務めとして、保水力ある山を守るため、心を込めて植えてほしい」とあいさつした。

参加者はスコップやくわを使って苗木を丁寧に植えた後、記念看板を設置。参加者には記念品として、同管理署からブルーベリーの苗木、町からマリーゴールドなど花の苗が贈られた。(宮木宗久)

---------------------------------------------

2009年5月27日の記事

貴重な史跡、写真で紹介

帯広信金陸別支店(山本仁支店長)で、5月のロビー展「史跡ユクエピラチャシ跡の写真展」が29日まで開かれている。

同史跡は1987年に指定された国の文化財。アイヌ文化の解明に重要な遺跡で、2008年度までに発掘調査や整備事業などが行われた。今回の写真展では、あかえぞ文藝舎(主宰・斎藤省三さん)が提供したカラー写真10枚を展示し、訪れた人の関心を集めている。

---------------------------------------------

2009年5月26日の記事

バギー疾走白熱レース 町内開幕戦「オフロードバトル」 管内外から90台

町内のモータースポーツシーズン開幕戦「オフロードバトル2009」(町主催)が24日、陸別サーキットで開かれた。フォーミュラバギーとATV(4輪バギー)が白熱したレースを展開し、約800人の観客を楽しませた。

道バギーレース協会シリーズ第1戦、道ATV協会シリーズ第5戦を兼ねた大会。管内外からフォーミュラバギー21台、ATV69台の計90台が参戦、14クラスで争った。

管内勢では、バギーB-1とオープンの両クラスで清水辰美さん(芽室)が1位になるなど活躍。休憩時間にはバギーの体験試乗なども行われた。(宮木宗久)

---------------------------------------------

陸別めーるの写真付き詳細記事のアドレスは
http://www.tokachimail.com/rikubetsu/

大好評!陸別産グリーンアスパラガス特別斡旋中!!

電機連合音響部会・情報部会との交流20周年を記念して昨年からスタートした陸別産のアスパラ斡旋。
今年も春採り分の申し込みが始まっています!


電機連合音響部会・情報部会だけの特典もあってとってもお得です!

箱にギッシリ詰まったアスパラにビックリ!

ベーコンと一緒に炒めてうまーい!

知り合いにわけてあげても喜ばれますよ~(たぶん)

茹でてマヨネーズ付けて食べてもサイコー!

この際ご家族や職場の仲間とアスパラバーベキューやっちゃいましょう!

あま~くて、で~っかい陸別アスパラ、この機会に是非ご賞味ください!!




ちょろっとでも気になった方は労働組合に今すぐお問い合わせを(笑)

※春採り分の申し込みは6月25日までです。


瑞々しい!
P7270070.jpg

アスパラ畑
P7270068.jpg

おいしい!
070725_1945~0001.jpg


そして、この記事を見てアスパラ気になったんだけど、関係者じゃないしなぁ…
なんて方がいましたらわたくしえんDoまでお問い合わせください!


---------------チラシより---------------

1989年(平成元年)、電機連合(当時電機労連)音響部会と北海道陸別町が友好提携を交わし、組合員のお子さんに陸別の大自然の中でキャンプやホームステイを体験してもらう、“サマーinりくべつ”をはじめとする様々な交流がスタートしました。11年目の1999年からは情報部会にも取り組みが拡大し、陸別事業に関わった電機連合の組合員児童、スタッフは延べ1400名を超えました。多くの出会いと感動があり、今もなお、友情を育み続けている仲間も少なくありません。
2008年、この陸別事業が20周年を迎えたことを記念して、陸別産のおいしい「グリーンアスパラガス」を、特典付きで組合員の皆さんに特別斡旋しました。春採り分・夏採り分の計2回の実施で、予想以上の反響をいただきましたので、今年も引き続き特別価格でお届け致します!
昨年このおいしさを実感されファンになられたリピーターの皆様も、初めての方も、是非この機会に、生でも味わえるほど新鮮なこの陸別産グリーンアスパラガスをご賞味下さい!

asparagus_003.jpg
プロフィール

PDえんDo

Author:PDえんDo
PDとはProgram Directorを略したもので、組織キャンプの役割のひとつです。

電機連合音響部会・情報部会と陸別町、そして株式会社エイデル研究所の3者で、3つのイベント(サマーキャンプによる子どもたちの自然体験「リ・クリエーションサマーinりくべつ」、冬の組合役員(候補)研修「冬の陸別」、陸別小学校6年生の東京体験「冒険・体感inとうきょう」)を共同開催しています。

そして私は、これらのイベントの企画・運営を担当させていただいています。企画の特殊性と安全面を考慮して、日本キャンプ協会のキャンプディレクター2級を取得しました。

陸別町との出会いは1999年の冬。それからもう10年以上になりますが、毎回新しい発見がある町です。そこに住んでいるいる人たちのあたたかさ、町の持つ雰囲気、そしてイベントを通じて出会った仲間たち。
みんな大好きです。

----------------------

陸別企画関連SNS「リクシィ」の運用を開始しました。
サマーイン、冬の陸別、冒険・体感の陸別関連事業に参加したことのある方、スタッフとして携わった方、町の方など陸別に縁(ゆかり)がある方同士で新たな絆を作っていけるようなSNSにしたいと思っています。私が知っている方々には順次招待状をお送りしているところですが、過去の参加者やスタッフの皆様で参加をご希望される方や、まだ招待状来てないけどどうなってんの?という方は、私にメールをお送りください。折り返し招待状をお送りいたします。

○メールあて先
mail@jackie-endo.net

○メールに記載していただきたいこと
お名前、招待状を送るメールアドレス、あなたと陸別の関係

PDのつぶやき
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
同時ログインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
会話スペース
簡易チャットができます。 guest部分を名前に変更できます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる