陸別めーる 2009年8月13日

※今年のサマーイン関連記事あり

陸別町に関するニュースをお届けします。

十勝毎日新聞社デジタルメディア室発行
【陸別めーる】より

---------------------------------------------

2009年8月9日の記事

りくべつ鉄道・ハイモがけん引 風を感じてトロッコの旅

「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」(町商工会運営)は8日、新たな乗車体験として「ハイモ君の旅」を試験的に実施した。排雪モーターカー(通称・ハイモ)がけん引するトロッコで、旧陸別駅構外の金澤踏切-石井踏切間(片道2.8キロ)を往復。森の中を走る約30分間の“旅”が乗客を楽しませた。反応が良ければ、今後、メニュー化へ検討を進める考え。

トロッコ体験は、元陸別工務区職員の協力でレール、軌道の安全が確認されたことから、今後の運行システムづくりに向けた調査・研究の一環として行った。銀河線廃止後、乗客を乗せた車両が同駅構外を走ったのは初めて。

この日は無料で同区間を4往復し、合わせて約50人が乗車。乗客は風を切って進むトロッコから、利別川や木々の風景などを楽しんだ。旭川市から訪れた南洋子さん(59)は「風が気持ち良く、とても楽しかった。これだけのものを残しているのは素晴らしいこと。自分も支えていければ」と話した。乗客にはアンケートも実施した。

「りくべつ夏まつり」に合わせて14日にも運行、午前10時から午後3時まで1時間ごとに出発する予定。問い合わせは同鉄道(0156・27・2244)へ。(宮木宗久)

---------------------------------------------

2009年8月8日の記事

ライオンズ「大麻撲滅作戦」

陸別ライオンズクラブ(石橋強会長)はこのほど町内で、「大麻撲滅作戦」を展開した。

毎年恒例の事業で、青少年を薬物乱用から守るために取り組んでいる。保健所や役場担当職員の協力で、町内で群生している大麻を草刈り機や手で抜くなどし、撲滅を願った。同クラブは今後もこの事業を続ける。

---------------------------------------------

2009年8月7日の記事

ライオンズがアイス贈呈

陸別ライオンズクラブ(石橋強会長)はこのほど、「2009リ・クリエーションサマーinりくべつ」で来町した子供たちにアイスキャンディーを贈った。

同事業は電機連合と町の実行委員会が主催。今年は道外から25人が訪れ、町内の子供は22人が参加した。石橋会長が「楽しい思い出をつくって」と金丸君にアイスを手渡し、栗木君が「陸別の友達と交流し、思い出をつくります」とお礼の言葉を述べた。

---------------------------------------------

2009年8月4日の記事

迫力の疾走 オフロードレース陸別全日本選手権

「第28回オフロードレースin陸別全日本選手権」(町など主催)が2日、陸別サーキットで開かれた。時折雨に見舞われるあいにくのコンディションの中、バギーやATVが泥を跳ね上げながらコースを疾走し、迫力のレースを繰り広げた。

道内外からバギー27台、ATV61台が参加。管内勢は、バギーB-1クラスで清水辰美さん(芽室)、オープンクラスで川野晃さん(陸別)が頂点に立った。(杉原尚勝)

---------------------------------------------

2009年8月4日の記事

親子で大作アート 100周年記念 木片絵画を制作 陸別小

陸別小学校(玉堀泰正校長、児童113人)の開校100周年記念事業の一環で、児童と保護者による記念モニュメントの制作作業が1日、同校体育館で行われた。モニュメントは、色とりどりの木片を並べて描く大型絵画で、9月13日に同校で開かれる「陸小100年祭」(開校100周年記念事業協賛会主催)でお披露目される予定。児童は木片の色付けを、保護者は木片を絵に張り付ける作業を担当し、親子が力を合わせた“大作”が1世紀の節目を飾る。

親子による記念モニュメント制作は、開校100周年に合わせた親子の思い出づくりも兼ねた取り組みとして同協賛会が企画。

モニュメントは、陸別産のカラマツ材を用いた木片(10センチ四方、厚さ1.5センチ)1300枚を組み合わせ、縦1.8メートル、横7.2メートルの大型絵画に仕上げる予定。児童には、親が描き上げる絵画のデザインを伝えておらず、お披露目当日を楽しみにしてもらおうとの“粋”な演出も組み込んだ。

この日は午前に児童が木片の色付けを、夜から保護者が張り付け作業に当たった。このうち、午前の作業には、児童が約80人が参加。児童は1人15枚前後の色付けを担当し、ムラにならないように注意しながら色とりどりのペンキで指定された枚数を次々と塗り上げた。

大谷さんは、「どんな絵になるか分からないけれど、みんなで力を合わせて1枚の絵になるのがとてもうれしい」と大感激。大山さんは「100年の記念に作った絵が、その100年先まで大切に残ってほしい」と願いを込めながら、熱心に作業を進めた。

陸小100年祭では、児童を前に除幕式も行う予定で、同協賛会の本田学会長代行は「100年の節目にみんなで作り上げたという思いが、子供たちの心にずっと残ってくれれば」と期待していた。(杉原尚勝)

---------------------------------------------

陸別めーるの写真付き詳細記事のアドレスは
http://www.tokachimail.com/rikubetsu/

SET-TUNの陸別便り090810 ヤツらがついに…

昨年、今年と十勝で大量発生している「マイマイガ」
サマーインのときはその幼虫の「毛虫」として事務局の薪割りを妨害したり、
一部のトレーナーさんを恐怖のどん底に陥れたりていましたね。

そのマイマイガが、早くも成虫となり、大量発生しています。
090808_101850.jpg

これが、昔のイナゴの大群みたいに飛び回っています!!
カラスも食べないので、死骸も減りません(T_T)
…かなり厄介です。
昼間なのにコンビニの前などにウジャウジャいます…
090808_163710.jpg


【PDえんDoの感想】
これも、温暖化とかの影響なんでしょうか。
大量の蛾が日中から飛び回っているって、想像しただけでもゾッとします。
サマーインの時期は寒い日が多かったので毛虫の動きも比較的鈍かったようです。
暑い日が続くとそこらじゅう毛虫だらけになることを考えれば、今年のサマーインはラッキーだったのかも知れませんね。

見たくない方もいっらっしゃると思いますが、マイマイガの幼虫の写真もアップしておきます。

続きを読む

陸別めーる 2009年8月6日

※今年のサマーイン関連記事あり

陸別町に関するニュースをお届けします。

十勝毎日新聞社デジタルメディア室発行
【陸別めーる】より

---------------------------------------------

2009年8月2日の記事

少年野球で4チーム熱戦

陸別ライオンズクラブ杯争奪少年野球大会がこのほど町民運動場で開かれた。陸別と網走管内津別町、置戸町から計4チームが参加し、熱戦を繰り広げた。

郷土の未来を担う青少年の健全育成を目的に開催。陸別レッドイーグルスの丹野哲兵主将が「一生懸命戦います」と選手宣誓をした後、試合が始まった。優勝は陸別レッドイーグルス、準優勝は津別野球少年団だった。

---------------------------------------------

2009年8月1日の記事

陸別町商工会 青年部が屋台村 8日、焼き鳥やヨーヨー釣り

町商工会青年部(石橋堂裕部長)主催の屋台村が、8日午後3時から陸別駅前多目的広場で開かれる。

昨年を上回る15店舗が出店し、生ビールや焼き鳥などのほか、子供向けにヨーヨー釣りやスマートボールなど準備。初企画として「早食い競争」も実施。保育所から高校生以上までの6部門で5人ずつの参加者を募集している。

同青年部頭脳委員会の吉田優樹委員長は「多くの人に訪れてほしい」と呼び掛けている。早食い競争の参加申し込み、問い合わせは町商工会(0156・27・3161)へ。(宮木宗久)

---------------------------------------------

2009年7月31日の記事

大内さん温泉宿泊券ゲット 「ふれあいビールまつり」

町社会福祉協議会(佐藤章二会長)の「ふれあいビールまつり」がこのほどタウンホールで開かれ、抽選会などで盛り上がった。

同社協の資金造成事業などを広く町民に理解してもらおうと開催、今年で第10回を迎えた。約500人が来場。佐藤会長、金澤紘一町長のあいさつに続き、まつりが始まった。抽選会では最後の温泉ペア宿泊券が大内収さん(48)に当たり、佐藤会長から手渡された。

---------------------------------------------

2009年7月30日の記事

都会っ子りくべつ鉄道喜ぶ 「サマーイン」 町内児童と交流

道外の都会っ子が陸別の子供たちと交流する「2009リ・クリエーション・サマーインりくべつ」(町など主催)の一環として28日、「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」の乗車体験などが行われた。

サマーインは小学4-6年生が対象で、今年は30日まで5泊6日の日程。東京や大阪などから25人、陸別小から22人の計47人が参加し、ホームステイやオフロード体験などで交流を深めた。

この日はりくべつ鉄道の乗車体験で一緒に車窓からの風景を楽しんだほか、町内事業所を回るカードラリーが行われ、昼食には十勝名物の豚丼が振る舞われた。

静岡県磐田市から初参加した三橋君(豊田東小)は「鉄道は昔のような感じがして良かった。運転してみたい。友達もたくさんできた」と楽しんでいた。(宮木宗久)

---------------------------------------------

2009年7月30日の記事

地元高校生 バギーデビュー 全日本選手権に出場

8月2日に陸別サーキットで開かれる「第28回オフロードレースin陸別 全日本選手権大会」(町など主催)で、町内の猪狩君=足寄高校=がフォーミュラバギーのB-1クラス(700cc未満)でデビューする。地元高校生の出場は約6年ぶり。猪狩君は「焦らず完走したい」と意欲を見せている。

猪狩君は元バギードライバーの父・公教さん(52)=町教委職員=の影響や、身近にオフロードレースやラリーが開かれる陸別ならではの環境もあり、中学1年から同サーキットの大会を手伝うほどの車好き。

中学時代に、小6からオフロードレースに参戦しアジアクロスカントリーラリー(タイ)などで活躍する能戸知徳選手(北見)の走りを見たのを機に、大会出場への思いを強くした。今月13日の大会実行委で出場が決まった。

マシンは何年も使用していなかったバギーを、猪狩君が加入している「オートスポーツ陸別」(阿部勉会長)のメンバーが整備。エンジンなどのセッティングはメンバーが担当したが、塗装には猪狩君自身も携わり、国内トップカテゴリーのレース「SUPER GT」の参戦車両のデザインを基に、同クラブのカラーである黄色を使うなどこだわった。

コースでの練習経験はまだ少ない。「見るのと運転するのでは全然違う。思っていたより安定性がなく、スピードもあり、怖さもある」といい、恐怖感の克服が課題だ。

大会当日は、公教さんが現役時代に着たつなぎと、アルバイト代で購入したヘルメットを着用する。「本人の念願がかない、家族としても幸せ」と母の真奈美さん(45)。猪狩君は「完走第一だが、少しは見せ場もつくりたい」と、家族や関係者のためにも活躍を誓っている。(宮木宗久)

---------------------------------------------

陸別めーるの写真付き詳細記事のアドレスは
http://www.tokachimail.com/rikubetsu/

2009サマーイン無事終了

2009サマーイン、無事終了しました。

帰宅して週末はゆっくり休んだのですが、
まだ疲れが取れません。体力が衰えてるみたいです・・・
事務局サイドで撮影した膨大な写真を整理し始めましたが、膨大すぎて何ななにやらw
参加者、スタッフの皆さんには近いうちに何らかの方法で写真をお渡ししますのでお楽しみに。

今年は企画段階でインフルエンザという難敵が出現し、
一時は開催が危ぶまれたのですが、それも懐かしく感じます。

世界同時不況の影響もあってか参加人数は例年より少なく、
久し振りの3グループ体制でした。

生みの苦しみといった部分では近年で一番大変だった2009サマーインですが、
期間中は天候にも悩まされました。毎日が雨の予報。
それでも要所要所で太陽が顔を見せてくれて、
結果予定のプログラムはほぼ行う事が出来ました。

参加してくれた電機メンバー、陸小メンバー、そして大活躍だった9人のトレーナー、
事務局、陸別町のスタッフ、町の皆さんのおかげです。

そして子どもたちを陸別の地へ送り出してくれた保護者の皆様、
今回の素晴らしい出会いは皆様抜きでは成り立ちません。心より感謝申し上げます。


けんたろうのオヤジ様
ともきのとーちゃん様
ジャッカル様
オレンジグループゆうのオヤジ様
そしてOBのもっくん、たか2、ざわわ
期間中はコメントありがとうございました。
速報をアップするので手一杯でなかなかレス出来ず申し訳ありませんでした。
皆さんから届いた声に度々元気付けられました。
事件は現場で起きているそうですが、サマーインは現場だけで行われているわけではないこと、
たくさんの支えがあって開催されている事を実感しました。


21回目のサマーインは終了しましたが、すぐに22回目のサマーインがやってきます!
もう来年が待ち遠しいです。

09summer.jpg
プロフィール

PDえんDo

Author:PDえんDo
PDとはProgram Directorを略したもので、組織キャンプの役割のひとつです。

電機連合音響部会・情報部会と陸別町、そして株式会社エイデル研究所の3者で、3つのイベント(サマーキャンプによる子どもたちの自然体験「リ・クリエーションサマーinりくべつ」、冬の組合役員(候補)研修「冬の陸別」、陸別小学校6年生の東京体験「冒険・体感inとうきょう」)を共同開催しています。

そして私は、これらのイベントの企画・運営を担当させていただいています。企画の特殊性と安全面を考慮して、日本キャンプ協会のキャンプディレクター2級を取得しました。

陸別町との出会いは1999年の冬。それからもう10年以上になりますが、毎回新しい発見がある町です。そこに住んでいるいる人たちのあたたかさ、町の持つ雰囲気、そしてイベントを通じて出会った仲間たち。
みんな大好きです。

----------------------

陸別企画関連SNS「リクシィ」の運用を開始しました。
サマーイン、冬の陸別、冒険・体感の陸別関連事業に参加したことのある方、スタッフとして携わった方、町の方など陸別に縁(ゆかり)がある方同士で新たな絆を作っていけるようなSNSにしたいと思っています。私が知っている方々には順次招待状をお送りしているところですが、過去の参加者やスタッフの皆様で参加をご希望される方や、まだ招待状来てないけどどうなってんの?という方は、私にメールをお送りください。折り返し招待状をお送りいたします。

○メールあて先
mail@jackie-endo.net

○メールに記載していただきたいこと
お名前、招待状を送るメールアドレス、あなたと陸別の関係

PDのつぶやき
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
同時ログインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
会話スペース
簡易チャットができます。 guest部分を名前に変更できます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる