スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸別めーる 2010年2月25日

陸別町に関するニュースをお届けします。

十勝毎日新聞社デジタルメディア室発行
【陸別めーる】より

---------------------------------------------

2010年2月18日の記事

しばれ君が防火PR 陸別消防署に雪像「火災ゼロに」

陸別消防署(竹内勲署長)はこのほど、同署前に防火などをPRする大雪像を造った。

同署は12年前まで、防火としばれフェスのPRを目的に大雪像を製作してきたが、その後は途絶えていた。今回は署員の若返りもあり、雪像造りを決定。署員が休日を利用して製作した。

雪像は高さ約6メートル、幅8メートル。「火の用心」の文字とともに、人気漫画のキャラクターと町のマスコットキャラクター「しばれ君」を造った。

竹内署長は「路線バスが前を通る位置にあるので、多くの町民に見てほしい。町内では昨年、火災が2件発生。今回のPRで火災ゼロにつながれば」と話している。(宮木宗久)

---------------------------------------------

2010年2月17日の記事

会場整備協力企業に感謝状 しばれフェス

町はこのほど、「第29回しばれフェスティバル」(6、7日・町ウエンベツイベント広場)の会場整備に協力した建設業の1JVと5社に感謝状を贈った。

道横断自動車道網走線・小利別-北見間の工事を請け負っているタカハタ・西岡・北土建設経常企業体(JV)と、栗林建設(帯広)萩原建設(同)野田組(本別)遊佐組(池田)、付随工事を行う石橋建設(陸別)。

地域貢献事業として、重機を使った雪像用の雪山造りやスノーラリーコースの整備に当たり、2日間で延べ20人の重機オペレーターらが参加した。感謝状は役場で、金澤紘一町長が各企業の代表者らに手渡した。(宮木宗久)

---------------------------------------------

2010年2月16日の記事

早坂さん冬の風景写真展

早坂剛一さん(芽室)の写真展が、町内のアートサロンガンビーで開かれている=写真。25日まで。

早坂さんはかつて陸別で活動していたが、現在は芽室フォトクラブに所属し、風景などを撮影している。今回は芽室や更別などで撮った十勝の初冬の風景13点(モノクロ)を展示。「雪原の暮色」「川の造形」など近作がそろい、来場者の目を引いている。

---------------------------------------------

陸別めーるの写真付き詳細記事のアドレスは
http://www.tokachimail.com/rikubetsu/
スポンサーサイト

陸別めーる 2010年2月18日

陸別町に関するニュースをお届けします。

十勝毎日新聞社デジタルメディア室発行
【陸別めーる】より

---------------------------------------------

2010年2月11日の記事

小型浄化システム開発 パーラー排水で陸別の高橋組

北見工大と共同で 低価格化を実現

町内の建設業「高橋組」(高橋一昭社長)は北見工大と共同で、酪農現場から出るパーラー排水(搾乳機の洗浄排水)の浄化システムを開発した。規模が大きく高額の設備投資が必要な生物処理とは異なり、上水道などで使われる薬剤を使用、排水中の汚濁物質の「凝集処理」を採用し、小型化と低価格化を実現した。同社は「排水による環境負荷を抑えることができ、浄化した水の再利用も可能」(環境事業部の三輪一光課長)としている。

パーラー排水は搾乳機やパイプラインなどの洗浄時に出る汚水。機器には残牛乳や牛乳に含まれる脂肪分、タンパク質、糖質が残るため、洗浄の際は酸剤やアルカリ剤、塩素などを使用している。排水はふん尿や生乳、殺菌剤、各種洗剤などが混入すると処理が困難で、そのまま放流すると河川や地下水の汚染源となることから、適切な処理が求められている。

一方、現在のパーラー排水の処理技術は微生物を利用した生物処理が主流。十勝の酪農家でも導入が始まった段階だが、システムが複雑で、導入コストが50頭規模で1000万円以上と高額なため、普及は進んでいない。

このため、同社は昨年夏から北見工大と共同で、上水道などで使用の薬剤を使い、化学的処理で汚濁物質を凝集させるとともに、マイクロバブル(小さな泡)を発生させ、凝集した汚濁物質を水から浮上・分離させるシステムを開発。処理した排水は、水の汚れを示すBOD(生物化学的酸素要求量)値が道の基準を大きく下回る1リットル中4~18ミリグラム程度を実現した。

また、生物処理に比べ、構造がシンプルで施設も小型なため、導入コストを大幅に削減。50頭規模では約300万円(システム本体価格)での設置が可能となった。

現時点では廃棄乳の処理には課題があり、パーラー排水のみの処理だが、今後も同大と共同研究を進め、改善していく予定。三輪課長は「今後は洗浄水をリサイクルし、フリーストールなどの洗浄に利用可能な酪農家にプラスとなるシステムに改良したい」と話している。(宮木宗久)

---------------------------------------------

2010年2月11日の記事

冬の体験乗車 鉄道ファン喜ぶ りくべつ気動車しばれフェスで

「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」(町商工会運営)はこのほど、「第29回しばれフェスティバル」(会場・町ウエンベツイベント広場)に合わせ、気動車の臨時運行を行った。鉄道ファンや同フェスに合わせて来町した観光客ら約200人が、体験乗車を楽しんだ。

冬期間の臨時運行は昨年に続き2回目で、今回は11本を運行した。乗降場所となる2番線ホームでは、氷でできた改札口と町のマスコットキャラクター「しばれ君」の雪像が出迎え、気動車の先頭には、しばれ君と同鉄道のマスコット「りっくん」が描かれたヘッドマークを取り付けた。

初めて体験試乗した室蘭市の会社員、大場正規さん(52)は「短い時間だったが楽しめた。体験運転もできると聞いたので、また来たい」。同商工会の山本周二副会長は「知名度も上がっているので、新年度の運行につなげていきたい」と話していた。(宮木宗久)

---------------------------------------------

2010年2月9日の記事

厳しい寒さ満喫 陸別しばれフェス

※写真キャプション かまくら
かまくら会場に立ち並ぶ氷のかまくら「バルーンマンション」。「人間耐寒テスト」の舞台となった

厳しい寒さを逆手にとった陸別の最大イベント「第29回しばれフェスティバル」(実行委員会主催)が6、7の両日、町ウエンベツイベント広場で開かれた。名物「人間耐寒テスト」には遠く南国・沖縄からも参加するなど過去最多の283人が挑戦した。会場ではステージショーやラリーカーなどの体験イベントが繰り広げられ、屋台では熱々のメニューを提供。住民や観光客らは寒さを忘れて楽しんだ。会場の様子を写真で紹介する。(文・宮木宗久、写真・塩原真)

※写真キャプション よさこい
寒さなんてへっちゃらさ」-。ステージショーで会場を盛り上げる陸別小学校児童によるよさこい

※写真キャプション 暖を取る
巨大キャンプファイヤー「命の火」と暖を取る来場者

---------------------------------------------

陸別めーるの写真付き詳細記事のアドレスは
http://www.tokachimail.com/rikubetsu/

北海道から昨日かえって来ました。

2日目の朝から更新ができなくて、ご心配をおかけしました。
その様子は追々アップさせていただきます。

しばれフェスティバルも大盛況でしたし、
研修として参加したメンバーもたくさんの感動をもらって帰ってくることができたようでホッとしています。

みんな寝不足と寒さとなれない環境とで体力的にも精神的にもきつかったと思いますが、無事日程を終えることができて本当に良かったです。
2010冬陸メンバーと事務局の皆さん、そしてなによりも町の皆さん、ありがとうございました!

寒くて熱い町、北海道陸別町。

また陸別で会いましょう!

朝!

100207_0919~01.jpg
しばれはだいぶ和らぎましたが、清々しい気分で朝を迎えることが出来ました!

今日は電機連合のステージショーです。ガンバレ~

見知らぬ天井

100207_0151~01.jpg
100207_0152~01.jpg
すいません、よく知ってます(笑)

しばれフェスティバルのメインイベントである人間耐寒テストに参加中!

寝袋の中から見たバルーンマンションの 天井と出入り口です。

今はマイナス22度位まで冷えているようです。

しばれフェスティバル

100206_2016~01.jpg
100206_2042~01.jpg
100206_2024~01.jpg
非常にいいしばれです。寒いです!嬉しいです!

花火キレイ!

鹿肉ウマーイ!

晴れてきました!

100206_1448~01.jpg
100206_1447~01.jpg
只今フェスティバル準備の真っ最中!
晴れてきました!
冷えるといいなぁ。

雪が降ってきました…

100206_1245~01.jpg
写真ではわかりづらいですが雪が降ってきました。

気温が下がらないかもしれません…

遂にスタート!

100205_2037~02.jpg
100205_2036~01.jpg
冬の陸別参加メンバーが到着し、いよいよ始まりました!

今日は町に到着後、実行委員会に参加。今はバルーンマンションの水かけとモデルルール作りをしています。
厳しい寒さの中ですが、みんな元気に取り組んでいます。

鹿肉の串揚げ

100204_2313~01.jpg
美味いです(*^o^*)

今日もこれから作業です。

100204_2008~01.jpg
今夜も冷えそうですね。

2010冬の陸別先発隊、頑張っているであります!

こんにちは。PDえんDoです。
昨日から携帯速報でお知らせしているように、冬の陸別先発隊として陸別入りしています。

出発の時から飛行機がエンジントラブルで羽田に引き返すというアクシデントに見舞われましたが元気にしております!

さて、昨日は予定よりもかなり遅い時間に陸別入りしたわけですが、
夜は実行委員会のお手伝いでバルーンマンションの水かけなどを行いました。
既に87基のバルーンが立ち上がっていて、フェスティバル当日までにこの氷を少しでも厚くしていく作業が続きます。

バルーンマンションと事務局長
P2037697.jpg

P2037692.jpg

P2037695.jpg

昨夜は9時頃には20度を下回っていました。夜中には27度、明け方には30度以下になる「しばれ」でした。
そういった環境での作業はきつくもありましたが「陸別らしさ」を堪能できてよかったです。
冬陸メンバーが来る日もガツンと冷えてくれることを祈るばかりです。
100204_004139.jpg


1週間前には暖気によってバルーン倒壊の報があったのですが、
ここ数日の冷え込みで会場準備は順調に進んでいます。
(そうはいっても夜中の3時頃まで作業した日もあったそうです)

そんな会場準備の様子です
P2037702.jpg

P2037703.jpg

P2037704.jpg


今日は朝から備品チェック、合間に実行委員のお手伝いという感じで過ごしており、
夕方には買い出しとあいさつ回りを予定しています。

働く事務局長
P2047731.jpg


私たちも準備万端にしてメンバーの皆さんをお迎えしたいと思います。
明日、女満別空港でお待ちしています!

P2047725.jpg

会場設営作業

100203_2143~02.jpg
100203_2143~01.jpg
しばれフェスティバルの会場設営作業のお手伝いに来ています。
今年は83基のバルーンマンションが作られています。少しでも氷を厚くするために水をかけているんですが、マイナス25度近くあるのでバキバキ音をたてて凍りついていきます。

いや~しばれてます!

あのね、

100203_1917~01.jpg
この時間でこの気温はヤバいでしょう(笑)

19時半でマイナス20度…明日の朝何度になるのやら。



えー無事陸別町に到着しました。
秦食堂で豚丼とお蕎麦食べました。
期間中の食事の手配のため町内を回っています。
このあと、しばれフェスティバルの準備のお手伝いにイベントセンターへ向かいます!


これぞ陸別って感じの寒さです!

豚まん屋さん

100203_1629~01.jpg
この時間だと売り切れ閉店。

無事到着

100203_1539~02.jpg
100203_1539~01.jpg
100203_1538~01.jpg
なんとか女満別空港に到着。家出てから10時間かかりました(T_T)

すげー寒いです。

待ち時間長し

100203_1135~01.jpg
100203_1137~01.jpg
結局こうなる(笑)

エンジントラブル

100203_0940~01.jpg
100203_0940~02.jpg
100203_0951~01.jpg
先ほど陸別町へ向けて羽田を飛び立ったのですが、離陸直後に大きな音が!
左のエンジンがトラブルを起こして停止。羽田に引き返してきました。

なんとか次便に乗れるようですが予定は大幅に遅れます(>_<)
事故にならなかっただけ良かったと思うべきなんでしょうね。


朝一番の便に乗るために寝ないで来たから超眠いです?


大丈夫落ち着いて。 Stay calm!

行ってきまーす!

100203_0733~01.jpg
今から飛行機に搭乗です。冬の陸別先発隊出発です!
プロフィール

PDえんDo

Author:PDえんDo
PDとはProgram Directorを略したもので、組織キャンプの役割のひとつです。

電機連合音響部会・情報部会と陸別町、そして株式会社エイデル研究所の3者で、3つのイベント(サマーキャンプによる子どもたちの自然体験「リ・クリエーションサマーinりくべつ」、冬の組合役員(候補)研修「冬の陸別」、陸別小学校6年生の東京体験「冒険・体感inとうきょう」)を共同開催しています。

そして私は、これらのイベントの企画・運営を担当させていただいています。企画の特殊性と安全面を考慮して、日本キャンプ協会のキャンプディレクター2級を取得しました。

陸別町との出会いは1999年の冬。それからもう10年以上になりますが、毎回新しい発見がある町です。そこに住んでいるいる人たちのあたたかさ、町の持つ雰囲気、そしてイベントを通じて出会った仲間たち。
みんな大好きです。

----------------------

陸別企画関連SNS「リクシィ」の運用を開始しました。
サマーイン、冬の陸別、冒険・体感の陸別関連事業に参加したことのある方、スタッフとして携わった方、町の方など陸別に縁(ゆかり)がある方同士で新たな絆を作っていけるようなSNSにしたいと思っています。私が知っている方々には順次招待状をお送りしているところですが、過去の参加者やスタッフの皆様で参加をご希望される方や、まだ招待状来てないけどどうなってんの?という方は、私にメールをお送りください。折り返し招待状をお送りいたします。

○メールあて先
mail@jackie-endo.net

○メールに記載していただきたいこと
お名前、招待状を送るメールアドレス、あなたと陸別の関係

PDのつぶやき
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
同時ログインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
会話スペース
簡易チャットができます。 guest部分を名前に変更できます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。