スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸別メール 2007年12月6日

陸別町に関するニュースをお届けします。

十勝毎日新聞社デジタルメディア室発行
【陸別めーる】より

---------------------------------------------
2007年12月2日の記事

小学校、保育所でカレー振る舞う 町商工会青年部

町商工会青年部(本田学部長)は11月29、30の両日、陸別小学校(玉堀泰正校長、児童135人)と陸別保育所(秋山勝幸所長、園児58人)を訪れ、昼食に手作りのカレーライスを振る舞った。

町内の小・中学校では牛乳以外を用意せず、管内で唯一、持参弁当の昼食を続けている。子供たちのために毎日、弁当作りを続ける母親らに感謝の意を込め、男性部員が昨年から、同校と同保育所の子供たちに手料理を振る舞う企画を展開している。

陸別小では同30日、部員が朝から家庭科室で調理に励み、学校農園で1、2年生が収穫したジャガイモも使って全校児童分のカレーを用意した。カレー鍋の前に集まる児童1人ひとりに、部員が「たくさん食べてね」と声を掛け、カレーを盛り付けた。

各教室で児童は、“男の手料理”をぺろりと平らげ、早々とお代わりに並ぶ姿も。大沼広大君(1年)は「ちょっぴり甘くておいしい。僕もお代わりしなきゃ」と大満足の様子でカレーをほおばっていた。(杉原尚勝)

---------------------------------------------

2007年12月1日の記事

来春の活躍祈り銀河線“冬眠” 陸別駅構内・冬囲い

旧ふるさと銀河線陸別駅構内で保管されている銀河線列車に1日、氷雪や寒風をしのぐためのシートがかけられた。同駅構内では来年4月から、町商工会(石橋強会長)が同列車を活用して「りくべつ鉄道」を運行する予定。主役となる列車は来春の活躍を前に、厳しい冬を乗り切る“冬眠”についた。

同駅構内には、銀河線を運行してきた北海道ちほく高原鉄道から町が買い取った気動車6両、除雪モーターカーが保管されている。列車の“冬囲い”は、風雪などによる外装の劣化を防ぐための措置。

作業には同商工会の役員ら15人が参加。列車から、バッテリーなど低温の影響を受けやすい機材を取り外した後、大型のブルーシートで1両ずつ囲い込んだ。冬囲いは雪解けが本格化する来年3月にも外され、営業開始に備える予定だ。(杉原尚勝)

---------------------------------------------

2007年11月30日の記事

増田さんらに記念盾 町商工会が永年勤続表彰

町商工会(石橋強会長)の2007年度商工従業員永年勤続表彰の授賞式がこのほど、町役場で開かれた。町長表彰などを受賞した土田俊治さん(71)=菊地林業=と増田信秀さん(67)=佐々木林業=に石橋会長と金澤紘一町長が表彰状などを手渡した。

今年度の受賞者は、勤労青少年表彰4人、商工会長表彰8人、十勝管内商工会連合会長表彰1人、道商工会連合会長表彰3人、全国商工会連合会長表彰1人、町長表彰2人。このうち、土田さんは町長表彰と道商工会連合会長表彰、商工会長表彰を、増田さんは町長表彰と全国商工会連合会長表彰、商工会長表彰のそれぞれ3賞を受賞した。

授賞式では、石橋会長と金澤町長が2人にそれぞれ賞状や盾などを手渡し、石橋会長が「これからも末永く頑張ってほしい」、金澤町長が「これまでの苦労に敬意と感謝を示したい。今後は貴重な経験を後輩に指導してほしい」などとお祝いの言葉を述べた。(杉原尚勝)

---------------------------------------------

2007年11月29日の記事

老人クラブ連合会が文化作品展示

町老人クラブ連合会主催の「生き生き元気発表会」の作品展示が、役場庁舎ロビーで開かれている。

老人クラブやグループホームなど、約10団体が50点を超える文化作品を展示。カネラン峠をとらえた写真、フクロウや花瓶といった陶芸品、押し花、タペストリーなど多彩な作品に、来場者は感心して見入っている。12月6日まで。芸能発表は同6日に町タウンホールで開かれる。

---------------------------------------------

陸別めーるの写真付き詳細記事のアドレスは
http://www.tokachimail.com/rikubetsu/

コメントの投稿

非公開コメント

ガレリアで食べるカレーの何倍もうまかったことでしょう。
ところで 「本田 学部長」と読んで、
「偉くなられたんだなあ」と
トンチンカンなことを思ってしまいました。

学部長!
いや、確かに「しばれ学部」の長ですねw
プロフィール

PDえんDo

Author:PDえんDo
PDとはProgram Directorを略したもので、組織キャンプの役割のひとつです。

電機連合音響部会・情報部会と陸別町、そして株式会社エイデル研究所の3者で、3つのイベント(サマーキャンプによる子どもたちの自然体験「リ・クリエーションサマーinりくべつ」、冬の組合役員(候補)研修「冬の陸別」、陸別小学校6年生の東京体験「冒険・体感inとうきょう」)を共同開催しています。

そして私は、これらのイベントの企画・運営を担当させていただいています。企画の特殊性と安全面を考慮して、日本キャンプ協会のキャンプディレクター2級を取得しました。

陸別町との出会いは1999年の冬。それからもう10年以上になりますが、毎回新しい発見がある町です。そこに住んでいるいる人たちのあたたかさ、町の持つ雰囲気、そしてイベントを通じて出会った仲間たち。
みんな大好きです。

----------------------

陸別企画関連SNS「リクシィ」の運用を開始しました。
サマーイン、冬の陸別、冒険・体感の陸別関連事業に参加したことのある方、スタッフとして携わった方、町の方など陸別に縁(ゆかり)がある方同士で新たな絆を作っていけるようなSNSにしたいと思っています。私が知っている方々には順次招待状をお送りしているところですが、過去の参加者やスタッフの皆様で参加をご希望される方や、まだ招待状来てないけどどうなってんの?という方は、私にメールをお送りください。折り返し招待状をお送りいたします。

○メールあて先
mail@jackie-endo.net

○メールに記載していただきたいこと
お名前、招待状を送るメールアドレス、あなたと陸別の関係

PDのつぶやき
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
同時ログインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
会話スペース
簡易チャットができます。 guest部分を名前に変更できます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。