スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸別メール 2007年5月24日

陸別町に関するニュースをお届けします。

十勝毎日新聞社デジタルメディア室発行
【陸別めーる】より

---------------------------------------------

2007年5月19日の記事

新会長に石橋氏選任 町商工会が通常総会

町商工会(会員102人)の今年度通常総会が18日夜、町商工会館で開かれた。任期満了に伴う役員改選では、1995年から4期12年間務めた山田一雄会長が勇退、新会長に副会長の石橋強氏(56)=石橋石油社長=を選任した。

92人(委任状含む)が出席。今年度事業では昨年度設立した町活性化推進協議会(特別委員会)を通し、旧ふるさと銀河線列車動態保存事業などの可能性を再検討する。商工業者の廃業が続く中、今年度設置した陸別商工業再生委員会(同)では廃業後の業態継承を協議。十勝東北部6町商工会の広域連携検討も重点事業とした。

石橋新会長は「商工業者支援や地域貢献、まちづくり事業に力を入れ、役員と職員が1つになって前向きに取り組んでいきたい」と語った。(岩城由彦)

---------------------------------------------

2007年5月19日の記事

芽室の早坂さんが写真展

町出身の早坂剛一さん(芽室町在住)の写真展「北の耕地」が、31日まで陸別町きらきら星通り「アートサロンガンビー」で開かれている。

ガンビーでの写真展は2005年以来で、今回は芽室町内の農村地帯で撮影した「早春夕景」「強風農作業」「雪原昇陽」「霧の十勝野」「麦秋」など風景写真17点を展示している。四季の移り変わりが美しく表現され、来場者の目を引いている。午前10時から午後7時まで。

---------------------------------------------

2007年5月18日の記事

世界の専門家陸別に Super DARN国際会議で来月6日 

電離層の電子やイオンの変動のメカニズムなどについて研究の成果を報告する「Super DARN2007国際会議」が6月4-8日、網走市で開かれるのに伴い、「短波ドップラー・レーダー」のある陸別町も視察地域に選定された。同会議には海外10カ国を含め83人の専門家が参加する予定で、町内施設がこれまでになく注目を浴びる。(丸山一樹)

同レーダーは、名古屋大学太陽地球環境研究所が昨年、町ポントマムに設置した。同研究所では世界各国の研究機関とともに、高度90キロから1000キロの電離圏の電子の動きなどを予測する「宇宙天気図」を発信。人工衛星の計器故障や航空機の通信障害を招く、超高層大気の電圧変化の監視などを行っている。

国際会議は網走市のホテル網走湖荘を拠点に展開。海外からは米、英、中、カナダなど10カ国から45人が訪れる予定で、会議では各専門家の研究報告が行われる。

陸別での視察は同6日に予定され、ポントマムの同レーダーや隣接する観測施設内の受信装置を見学。また、銀河の森天文台(宇遠別)併設の同研究所陸別観測所も訪れる。町内視察は、観測システムの末端部分の確認・検証に位置付けられている。

このほか、専門家や町内関係者が交流するレクリエーションや懇親会も企画されている。

---------------------------------------------

2007年5月17日の記事

川上洞窟を調査 町郷土研究会の今年度事業

町郷土研究会(佐々木春志会長、25人)の総会が14日、旧陸別駅内のオーロラハウスで開かれた。今年度は町教委と協力し町川上地区の国有林内にある川上洞窟(どうくつ)を現地調査するほか、町文化祭の協賛行事「ふるさとの遺跡を歩く」でトマム方面の源流地を探索する。

約15人が出席した。川上洞窟は昨年秋、同会が元陸別中学校長で地質学に詳しい那賀島彰一さん(浅井学園大学教授)とともに現地調査。入り口付近で小さな鍾乳石を発見した経緯もあり、継続調査が望まれていた。町教委との調査は初めてで、10月ごろを予定している。

また、「ふるさとの-」(11月)では、過去に訪れた人が少ない水源地の「クレソンの滝」などを町民に案内する。このほか、11月には年会報「郷土研究」15号を発刊する方針などを確認。役員改選では佐々木会長以下全員を再任し、事務局員に東原義勝さんを補充選任した。(岩城由彦)

---------------------------------------------

陸別めーるの写真付き詳細記事のアドレスは
http://www.tokachimail.com/rikubetsu/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PDえんDo

Author:PDえんDo
PDとはProgram Directorを略したもので、組織キャンプの役割のひとつです。

電機連合音響部会・情報部会と陸別町、そして株式会社エイデル研究所の3者で、3つのイベント(サマーキャンプによる子どもたちの自然体験「リ・クリエーションサマーinりくべつ」、冬の組合役員(候補)研修「冬の陸別」、陸別小学校6年生の東京体験「冒険・体感inとうきょう」)を共同開催しています。

そして私は、これらのイベントの企画・運営を担当させていただいています。企画の特殊性と安全面を考慮して、日本キャンプ協会のキャンプディレクター2級を取得しました。

陸別町との出会いは1999年の冬。それからもう10年以上になりますが、毎回新しい発見がある町です。そこに住んでいるいる人たちのあたたかさ、町の持つ雰囲気、そしてイベントを通じて出会った仲間たち。
みんな大好きです。

----------------------

陸別企画関連SNS「リクシィ」の運用を開始しました。
サマーイン、冬の陸別、冒険・体感の陸別関連事業に参加したことのある方、スタッフとして携わった方、町の方など陸別に縁(ゆかり)がある方同士で新たな絆を作っていけるようなSNSにしたいと思っています。私が知っている方々には順次招待状をお送りしているところですが、過去の参加者やスタッフの皆様で参加をご希望される方や、まだ招待状来てないけどどうなってんの?という方は、私にメールをお送りください。折り返し招待状をお送りいたします。

○メールあて先
mail@jackie-endo.net

○メールに記載していただきたいこと
お名前、招待状を送るメールアドレス、あなたと陸別の関係

PDのつぶやき
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
同時ログインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
会話スペース
簡易チャットができます。 guest部分を名前に変更できます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。