スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸別めーる 2008年7月10日

陸別町に関するニュースをお届けします。

十勝毎日新聞社デジタルメディア室発行
【陸別めーる】より

---------------------------------------------

2008年7月6日の記事

「ユクエピラチャシ跡」 450年前の景観再現へ

町教育委員会はこのほど、町トマム2ノ2の国指定文化財「史跡ユクエピラチャシ跡」の保存整備事業として「チャシの郭外盛土復元作業」を開始した。今回の作業では住民への周知と今後の活用方法を探るため、初めて町民ボランティアも募集。アイヌの先人をしのび、約450年前の築造当時の景観を復元するため、手作業で白い火山灰を敷いている。

「チャシ」とは柵、柵囲い、とりでなどを意味するアイヌ語。同史跡は17世紀以前のアイヌ文化期の遺跡で、史跡指定面積は7万3997.86平方メートル(1987年指定)。発掘調査は文化庁の補助事業で、99、2000年度の試掘を経て02年度に本調査を開始。04年度の終了までに鉄器や装身具など約10万点が出土し、築造当時は堀の外側の盛り土に白い火山灰が積み重ねられていたことが分かった。

今年度は同史跡の環境整備事業の最終年度で、町教委では「今後の活用を探るためにも」と住民参加型の環境整備作業を模索。これまで調査研究に協力してきた町内の文化財審査委員会、郷土研究会、関寛翁顕彰会からボランティアを募り、1-4日の午前9時から午後5時まで作業に参加してもらった。

火山灰は約2000平方メートルの範囲に10センチの厚さで敷き詰められる予定で、10トンダンプ25台で約200立方メートルの火山灰が運び込まれた。当初は一輪車などの利用で効率的に進める予定もあったが、参加者から「築造当時はすべて手作業だった。先人をしのびながら作業を」と声が上がり、スコップなど手作業での復元作業が続いている。

ボランティアは1、2の両日で13人が参加。参加した阪口繁男さん(85)は「町文化財の関寛翁碑もあり、小さいころからなじみのある場所。しっかり整備したい」と汗を流していた。今回の復元作業は今年度中に終了予定で、今後は史跡の有効利用、知名度向上を図る。(宮木宗久)

---------------------------------------------

2008年7月5日の記事

銀河の森天文台 10周年記念し「オーロラ展」

7日に開館10周年を迎える銀河の森天文台で2日、記念イベント「オーロラフェスティバルin銀河の森天文台」が始まり、13日までオーロラ写真家の中垣哲也さんの写真展が開かれている。

カナダや米国アラスカ州で撮影された写真26点を展示。同天文台の筧伸浩主任は「新作も含め集大成とも言える力作がそろっている」と話している。

記念イベントでは、七夕の7日午後2時からセレモニーが行われるほか、12日午後7時からは中垣さんの講演会とスライドショー&コンサートが開かれる。

同天文台は、一般公開型としては国内最大級の115センチ反射望遠鏡「りくり」のほか、陸別で観測できる低緯度オーロラに関する展示などがあり、5月末までに11万4978人が訪れている。 (宮木宗久)

---------------------------------------------

2008年7月5日の記事

徒歩で日本縦断中の沖縄・山田さん 井澤さんと4年ぶり再会

徒歩で沖縄から宗谷岬までの日本縦断を敢行中の山田尚市さん(63)=沖縄県北谷(ちゃたん)町在住=が4日午後、陸別入り。町新町の井澤政光さん(72)宅に到着し、歓迎を受けている。2人は偶然の出会いから長年の交流がある。今年3月、沖縄出発の連絡を受けていた井澤さんは「本当に(縦断)できるのかという思いがあったので驚いたが、今は出会いの素晴らしさを感じている」と再会を喜んでいる。

2人の出会いは1995年。タクシー運転手を退職した井澤さんが沖縄旅行した際に訪れた北谷町の海岸で、トレーニングとして歩いていた山田さんに「どこから来たのですか」と声を掛けられたのが最初。その後は沖縄と陸別を行き来するなど交流を続けている。山田さんが陸別を訪れたのは4年ぶりだ。

山田さんは今年3月10日に整体師を辞め、同11日に「20年来の目標だった」という徒歩での日本縦断を開始。沖縄県最北端の辺戸(へど)岬からスタート。那覇港から鹿児島港へ渡り、約10日かけて本州に上陸。その後は日本海側を歩き、6月19日に青森県・大間からフェリーで函館に渡り、同29日に日高から日勝峠を越えて十勝入りした。

宿泊は民宿などを利用。荷物は2日分の衣類や洗面道具、携帯電話など約10キロほどと最小限に。1日40キロペースで歩き続け、靴も出発してから3足目となった。「北海道の直線道路や広い畑には本当に驚いた。また、道を聞けば熱心に教えてくれるなど、他県にはない心の温かさがある」と言う。

今後はしばらく陸別に滞在し、英気を養ってから出発する。宗谷岬への到着予定日は8月3日。井澤さんも祝福に訪れる予定で、「無理せず頑張ってほしい」とエールを送る。山田さんは「今後の旅に向け、とても心強い。つらい時もあるが、強い意志で目標に向かってやり遂げることの大切さを伝えたい」と力を込めた。(宮木宗久)

---------------------------------------------

2008年7月3日の記事

初夏の陽気の中 熱い演奏 しばれロックフェス

開町90周年記念第2回しばれロックフェスティバル(実行委主催)がこのほど、町イベントセンターで行われ、来場者は初夏の陽気の中、アマチュアバンドの熱い演奏を楽しんだ。

同フェスティバルは昨年からアマチュアバンドの自己表現の場と、音楽を通した地域・世代の交流目的に開かれており、実行委員長の佐々木栄一さん(42)は「今後はロックだけでなく、吹奏楽など幅広いジャンルの人に参加してもらいたい」と話す。

今回は町内や帯広市など10バンドが参加したほか、陸別小3、4年生による「ちびっ子よさこい演武」や、大声を争う「叫び大会」などさまざまな催しが行われ、幅広い層の来場者を楽しませた。

本別町から出演したロックバンド「DUAL」の中道慎司さん(33)は「お客さんの反応も良く、屋外ならではの開放感があった」と話していた。(宮木宗久)

---------------------------------------------

2008年7月2日の記事

大会本番に備えサーキット整備 ラリーを成功させる会

陸別・ラリーを成功させる会(尾崎光弘会長)は6月29日、アジアパシフィックラリー選手権(APRC)第4戦・全日本ラリー選手権第6戦「ラリー北海道」(11日セレモニアルスタート、競技は12、13日)で使用される陸別オフロードサーキットの環境整備を行った。

同サーキットは、大会初日に観戦ステージのSS(スペシャルステージ)1とSS5として使用される。整備には約20人が参加。重機を用いてコース内の整地を行ったほか、観戦場所の草刈りやネット張りを行い、大会本番に備えた。

このほど開いた同会の会合では、尾崎会長が「大会成功に向け力を尽くす」とあいさつ。国際ラリー支援歓迎実行委員会の浜田始運営委員長が大会概要などを説明し、ギャラリーステージが設けられる陸別サーキット内での警備計画や現地チケット販売、インフォメーションコーナーの設置などを確認した。

今後は、6日にサーキットの2回目の整備を行い、8日の会合で人員配置など最終調整を行う。

町内で開かれるラリーなどのイベントの情報は、ホームページ「陸別インフォメーションサービス」(http://www15.plala.or.jp/rikubetsu-info/)で随時提供している。(宮木宗久)

---------------------------------------------

陸別めーるの写真付き詳細記事のアドレスは
http://www.tokachimail.com/rikubetsu/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PDえんDo

Author:PDえんDo
PDとはProgram Directorを略したもので、組織キャンプの役割のひとつです。

電機連合音響部会・情報部会と陸別町、そして株式会社エイデル研究所の3者で、3つのイベント(サマーキャンプによる子どもたちの自然体験「リ・クリエーションサマーinりくべつ」、冬の組合役員(候補)研修「冬の陸別」、陸別小学校6年生の東京体験「冒険・体感inとうきょう」)を共同開催しています。

そして私は、これらのイベントの企画・運営を担当させていただいています。企画の特殊性と安全面を考慮して、日本キャンプ協会のキャンプディレクター2級を取得しました。

陸別町との出会いは1999年の冬。それからもう10年以上になりますが、毎回新しい発見がある町です。そこに住んでいるいる人たちのあたたかさ、町の持つ雰囲気、そしてイベントを通じて出会った仲間たち。
みんな大好きです。

----------------------

陸別企画関連SNS「リクシィ」の運用を開始しました。
サマーイン、冬の陸別、冒険・体感の陸別関連事業に参加したことのある方、スタッフとして携わった方、町の方など陸別に縁(ゆかり)がある方同士で新たな絆を作っていけるようなSNSにしたいと思っています。私が知っている方々には順次招待状をお送りしているところですが、過去の参加者やスタッフの皆様で参加をご希望される方や、まだ招待状来てないけどどうなってんの?という方は、私にメールをお送りください。折り返し招待状をお送りいたします。

○メールあて先
mail@jackie-endo.net

○メールに記載していただきたいこと
お名前、招待状を送るメールアドレス、あなたと陸別の関係

PDのつぶやき
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
同時ログインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
会話スペース
簡易チャットができます。 guest部分を名前に変更できます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。