スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸別めーる 2008年9月11日

陸別町に関するニュースをお届けします。

十勝毎日新聞社デジタルメディア室発行
【陸別めーる】より

---------------------------------------------
2008年9月6日の記事

「福祉灯油」 今年も 昨年の倍 2万円分支給提案へ

町は原油価格高騰に伴う冬季生活支援事業として、昨年に続き、非課税世帯を対象に灯油の購入費を援助する「福祉灯油」を行う。今年度はさらに原油価格が高騰しているため、支給額は昨年の2倍となる2万円分(400リットル相当)を予定している。9日開会の定例町議会に関連予算を提案、議決を経て12月以降に実施する。

町は昨年度、原油価格高騰に伴う支援として1世帯当たり1万円(400リットル相当)の援助を行い、221件の支給実績があった。今年度も同程度の支給を見込んでいる。

対象は12月1日現在の町内在住者で、世帯全員の町民税が非課税の世帯。2世帯住宅など1つの家庭に2つ以上の世帯がある場合は1世帯とみなすほか、生活保護世帯は除く。原則的に自己申請方式で、本人の了解を得て課税照会し、援助を決める。

町は事業予算500万円を提案。議決されれば、町内の燃料販売業者との調整に入り、保健福祉センターに申請窓口を開設する予定。同センターでは「予算が決定次第、広報などで周知し、町内の福祉増進を図りたい」としている。(宮木宗久)

---------------------------------------------

2008年9月4日の記事

モニター・ツアー 交流型観光確立へ 商工会が実証事業

町商工会(石橋強会長)は10月、ふるさと銀河線りくべつ鉄道や銀河の森天文台などを巡るモニター・ツアーを行う。国交省のニューツーリズム創出・流通促進事業を活用した実証事業で、町内観光資源を結び付けた体験・交流型観光の確立を視野に、旅行商品開発の足掛かりを探る考えだ。

同商工会では観光振興を町の活性化につなげようと、既存の地元観光資源を結び付けた滞在型観光の確立を目指している。特に、4月のりくべつ鉄道開業で新たな観光拠点が生まれたことから、同鉄道を軸にした旅行商品開発を進めていた。

この中で、札幌の旅行代理店とともにモニター・ツアーを企画。8月に国交省の事業に応募し、1日付で採択された。事業採択により、旅行商品の企画開発費や宣伝広告費の一部が補助される。

ツアーは10月4、5日の1泊2日の日程で、札幌圏で募った20人前後がモニターとして参加。銀河の森天文台での星空観測、りくべつ鉄道での気動車運転体験ほか、上士幌町糠平でのアーチ橋梁(きょうりょう)見学、網走管内遠軽町の丸瀬布森林公園でのSL乗車体験などを巡る。

宿泊地の銀河の森コテージではモニターの意見交換会を用意。アンケートも行い、旅行商品の可能性について提言を受ける考えだ。

同商工会では、モニターの意見を参考に商品内容の充実を進める意向。「町内はもちろん、近隣他町の観光資源も取り入れながら商品の幅を広げるなど、積極的に魅力ある商品開発を進めていきたい」(平等志成事務局長)としている。(杉原尚勝)

---------------------------------------------

2008年9月3日の記事

町民500人が熱戦 開町90年記念 スポーツレク大会

開町90年記念第41回町民スポーツレク大会(町など主催)がこのほど町民運動場で開かれ、約500人が参加した。

各自治会ごとの対抗戦で12チームが参加。2人1組で車のタイヤの中にボールを入れてけん引する「ニッサン・オフロードレース」、「開拓物語」など陸別にちなんだ種目で熱戦を繰り広げ、共栄第1チームが3年ぶりに優勝した。熱心な応援で会場を盛り上げた新町1区チームの大竹堅治監督は「得点よりも親睦(しんぼく)第一にやっている。楽しんでいろいろな競技に参加できれば」と話していた。(宮木宗久)

---------------------------------------------

2008年9月2日の記事

仕事の大変さ肌で実感 陸別中3年生が職業体験

陸別中学校(伊倉将光校長、生徒56人)の3年生20人を対象にした職業体験がこのほど3日間にわたり、町内の飲食店や消防署、牧場など11カ所で行われた。

今年で4年目。サービス業や小売業、製造業、行政など多様な業種で行われ、生徒たちは1-3人ずつに分かれて体験に臨んだ。

最終日、正己秦食堂(町大通)を訪れた北村さんと平林さんは、接客や皿洗いなどを行い、「仕事の大変さやお客さんとの接し方を学んだ。ほかの仕事も体験してみたい」と話していた。(宮木宗久)

---------------------------------------------

陸別めーるの写真付き詳細記事のアドレスは
http://www.tokachimail.com/rikubetsu/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PDえんDo

Author:PDえんDo
PDとはProgram Directorを略したもので、組織キャンプの役割のひとつです。

電機連合音響部会・情報部会と陸別町、そして株式会社エイデル研究所の3者で、3つのイベント(サマーキャンプによる子どもたちの自然体験「リ・クリエーションサマーinりくべつ」、冬の組合役員(候補)研修「冬の陸別」、陸別小学校6年生の東京体験「冒険・体感inとうきょう」)を共同開催しています。

そして私は、これらのイベントの企画・運営を担当させていただいています。企画の特殊性と安全面を考慮して、日本キャンプ協会のキャンプディレクター2級を取得しました。

陸別町との出会いは1999年の冬。それからもう10年以上になりますが、毎回新しい発見がある町です。そこに住んでいるいる人たちのあたたかさ、町の持つ雰囲気、そしてイベントを通じて出会った仲間たち。
みんな大好きです。

----------------------

陸別企画関連SNS「リクシィ」の運用を開始しました。
サマーイン、冬の陸別、冒険・体感の陸別関連事業に参加したことのある方、スタッフとして携わった方、町の方など陸別に縁(ゆかり)がある方同士で新たな絆を作っていけるようなSNSにしたいと思っています。私が知っている方々には順次招待状をお送りしているところですが、過去の参加者やスタッフの皆様で参加をご希望される方や、まだ招待状来てないけどどうなってんの?という方は、私にメールをお送りください。折り返し招待状をお送りいたします。

○メールあて先
mail@jackie-endo.net

○メールに記載していただきたいこと
お名前、招待状を送るメールアドレス、あなたと陸別の関係

PDのつぶやき
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
同時ログインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
会話スペース
簡易チャットができます。 guest部分を名前に変更できます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。