陸別めーる 2008年11月6日

陸別町に関するニュースをお届けします。

十勝毎日新聞社デジタルメディア室発行
【陸別めーる】より

---------------------------------------------

2008年11月6日の記事

牛さんかわいい らっこクラブ 銀河牧場で酪農体験

育児サークルのらっこクラブ(鈴木雪恵代表)の親子がこのほど、町内の銀河牧場(東雲庄司代表)で町の基幹産業である酪農について学んだ。

酪農現場を体験し、牛乳の流通や、安心・安全を意識して経営する生産者の姿を学び、理解を深めるのが目的。昨年に続き2回目で、親子22人が参加。

JA陸別町青年部と十勝NOSAIの協力の下、牛舎や搾乳施設を見学。初めて見る牛の大きさに泣きだす子供もいたが、搾乳体験や子牛との触れ合いなどを楽しんだ。

初めて参加した沙樹子さん、奏羽ちゃん親子は「町内に住んでいてもなかなか見る機会がないので、良い体験ができた」と話していた。

当日は農村交流事業計画酪農体験見学として、陸別小の3年生も訪れ、牛舎や搾乳の様子を見学した。(宮木宗久)

---------------------------------------------

2008年10月31日の記事

陸別で氷点下6.5度 帯広は2日連続冬日

31日朝、十勝管内各地で冷え込み、陸別では氷点下6.5度まで下がり、道内で最も気温が低かった。帯広は平年より3度低い同2.2度で、今冬初めて氷点下を記録した30日(同0.8度)に続いての冬日(最低気温が0度未満)となった。

帯広測候所によると、快晴で地表の熱が奪われる放射冷却の影響で、管内19観測地点のうち広尾を除く18地点で最低気温が氷点下となり、このうち17地点で今季一番の冷え込み。陸別、帯広以外の各地の気温は、幕別町糠内が同5.1度、芽室と帯広市泉が同4・8度など。芽室は、10月としては観測史上最も寒い1977年10月28日の最低気温と同じだった。

11月1日の帯広の最低気温は、平年より5度高い6度の予報で、冷え込みは一段落する見込み。(吉良敦)

---------------------------------------------

2008年10月31日の記事

町民の力作並ぶ 陸別町文化祭

第47回町文化祭(実行委員会主催)が30日、町タウンホールなどを会場に始まった。「ふるさと90年 文化と地域を見直そう」をテーマに、書道や絵画作品など約900点を展示。11月2日まで、芸能発表会など多彩な催しが予定されている。

展示部門では、同ホールなどに町民の力作が並び、特別企画展の史跡ユクエピラチャシ跡展、銀河の森天文台写真展も開かれている。

11月1、2の両日(役場1階ロビー、町タウンホールほか)は陶芸バザー。1日はさわらび会の茶席(町タウンホール)と、上斗満の軍馬補充部跡地などを見学するツアー「ふるさとの遺跡を歩く」。2日は婦人会ボランティアバザール(町保健センター)と芸能発表会(町タウンホール)が行われる。

実行委では「町内の各団体の作品が多数展示される機会は少ない。多くの人が訪れてほしい」としている。(宮木宗久)

---------------------------------------------

2008年10月29日の記事

町教委 「教育の日」制定 地域ぐるみで子供育てよう

町教委は11月1日、町民1人ひとりが家庭・学校・地域で教育について考え、関心を高める「しばれの町りくべつ教育の日」を制定する。特定の日に限定しない年間を通じた取り組み。「学校や家庭での教育など普段何気なくやっていることを、普段の生活から意識していくことが大切」としている。

「教育の日」は十勝の教育について考え、関心を高めようと、十勝管内教育委員会連絡協議会が2006年4月に「十勝教育の日」を宣言。以後、その趣旨を受けて管内各自治体が導入し、これまでに幕別、清水、豊頃、本別、大樹の5町が独自の取り組みを進めている。

陸別でも教育関係者などの間で機運が高まり、町教委が昨年11月から、社会教育の関係団体とともに協議を重ねてきた。

「しばれの町りくべつ教育の日」は、町民憲章、町教育目標を土台に、「先人が残した尊い遺産と情熱を受け継ぎ、町民1人ひとりが時代を担う子供たちのことを考え、陸別の教育の関心を高め、その上で健康で明るく心豊かな人づくりを進めること」を理念に設定。また、理想とする子供像として「町ぐるみで育(はぐく)むきらりと光る陸別の子供」、メーンスローガンには「あいさつ・おもいやり・ありがとう」をそれぞれ掲げている。

町教委は「地域ぐるみの活動として、あらゆる場面で周知を目指していきたい」としている。(宮木宗久)

---------------------------------------------

陸別めーるの写真付き詳細記事のアドレスは
http://www.tokachimail.com/rikubetsu/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PDえんDo

Author:PDえんDo
PDとはProgram Directorを略したもので、組織キャンプの役割のひとつです。

電機連合音響部会・情報部会と陸別町、そして株式会社エイデル研究所の3者で、3つのイベント(サマーキャンプによる子どもたちの自然体験「リ・クリエーションサマーinりくべつ」、冬の組合役員(候補)研修「冬の陸別」、陸別小学校6年生の東京体験「冒険・体感inとうきょう」)を共同開催しています。

そして私は、これらのイベントの企画・運営を担当させていただいています。企画の特殊性と安全面を考慮して、日本キャンプ協会のキャンプディレクター2級を取得しました。

陸別町との出会いは1999年の冬。それからもう10年以上になりますが、毎回新しい発見がある町です。そこに住んでいるいる人たちのあたたかさ、町の持つ雰囲気、そしてイベントを通じて出会った仲間たち。
みんな大好きです。

----------------------

陸別企画関連SNS「リクシィ」の運用を開始しました。
サマーイン、冬の陸別、冒険・体感の陸別関連事業に参加したことのある方、スタッフとして携わった方、町の方など陸別に縁(ゆかり)がある方同士で新たな絆を作っていけるようなSNSにしたいと思っています。私が知っている方々には順次招待状をお送りしているところですが、過去の参加者やスタッフの皆様で参加をご希望される方や、まだ招待状来てないけどどうなってんの?という方は、私にメールをお送りください。折り返し招待状をお送りいたします。

○メールあて先
mail@jackie-endo.net

○メールに記載していただきたいこと
お名前、招待状を送るメールアドレス、あなたと陸別の関係

PDのつぶやき
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
同時ログインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
会話スペース
簡易チャットができます。 guest部分を名前に変更できます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる