スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸別めーる 2009年1月29日

陸別町に関するニュースをお届けします。

十勝毎日新聞社デジタルメディア室発行
【陸別めーる】より

---------------------------------------------

2009年1月25日の記事

しばれフェスに合わせ りくべつ鉄道が臨時運行

「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」を運営する町商工会(石橋強会長)は、「第28回しばれフェスティバル」(2月7、8日・町ウエンベツイベント広場)=実行委員会主催=に合わせ、同鉄道の体験乗車を行う。同フェスとの相乗効果を目指しての取り組み。冬期間の気動車の運行は2006年4月の旧ふるさと銀河線廃止以来、3年ぶりとなるため、鉄道ファンの注目を集めそうだ。

りくべつ鉄道は昨年4月に開業。旧陸別駅構内で列車の運転体験などを展開し、今年度の営業最終日となった10月26日までに、体験乗車や運転体験を含め延べ7000人以上が訪れた。

冬期間の運行は年度当初の計画にはなかったが、同フェスは全国各地から来場者がある町内最大のイベントであるため、「フェス来場者に、夏には“りくべつ鉄道”という楽しみがあることを伝えたい」(同商工会の山本周二副会長)と運行を決めた。

両日は体験乗車のみで、2月7日は正午-午後2時、8日は午前11時-午後1時。運行開始時には、構内の除雪を兼ねてハイモ(排雪モーターカー)の運行も計画。このほか、6日には鉄道アナリストの川島令三さんによる講演会や、気動車内で旧銀河線のNゲージのジオラマやグッズの展示も予定している。

しばれフェスでも今回、「銀河線コラボ」と題して気動車の実寸大雪像を製作中で、相乗効果は大きいと期待される。同商工会では「冬季運行は2日間限りだが、少しでも関心を持ってもらうことが大切。しばれフェスを協賛という形で盛り上げることで、来年度の運行につなげたい」としている。(宮木宗久)

---------------------------------------------

2009年1月24日の記事

冬のイベント直撃 造形物が倒壊 陸別しばれフェス

南から流れ込んだ暖かく湿った空気の影響で、十勝地方は23日午後、全域で雨に見舞われた。季節はずれの雨は、準備本番を迎えた冬のイベントを直撃。陸別町の「第28回しばれフェスティバル」(2月7、8日、ウエンベツイベント広場)会場では、名物・人間耐寒テストに使う氷の「バルーンマンション」のうち14基が倒壊するなどした。また、「第46回おびひろ氷まつり」(30日-2月1日、緑ケ丘公園)会場でも、大雪像をシートで覆うなど対応に追われた。

帯広測候所によると、23日は、降り始めからの降水量(雪を含む)が広尾32ミリ、上士幌町糠平29.5ミリ、足寄町柏倉27ミリ、帯広11.5ミリ。最高気温も管内19観測地点すべてがプラス。広尾が最も高く7.8度。帯広は2.7度で、平年値より5度ほど高く3月中旬並み。

「しばれフェスティバル」のバルーンマンションは、送風機で膨らませた農業用資材に噴射機で水を吹きかけて製作。22日までに完成していた47基のうち14基に被害が出た。小型のミニバルーンも36基のうち9基が使用不能になった。この日、陸別町の最高気温は3.5度だった。

実行委員会事務局の請川義浩さん(36)は「全壊は免れたが影響は大きい。バルーンマンションの目標は70基なので、今夜から急ピッチで復旧作業を進めていく」と話している。

おびひろ氷まつり会場ではこの雨で大雪像作りがストップ。陸上自衛隊第五特科隊の隊員約20人が、シロクマやペンギンの雪像に大型シートをかぶせる作業に追われた。氷まつり本部では「天気予報で雨は想定済み」と慌てた様子はなく、隊員たちの懸命な作業で完成目前の雪像も大きな被害を免れた。

同隊の現場責任者竹下信男広報室長は「全体の作業に遅れはない」と胸をなで下ろしていた。

---------------------------------------------

陸別めーるの写真付き詳細記事のアドレスは
http://www.tokachimail.com/rikubetsu/

コメントの投稿

非公開コメント

うわー

バルーンマンション倒壊!
大丈夫ですかね。今年はあったかいのかなぁ。
プロフィール

PDえんDo

Author:PDえんDo
PDとはProgram Directorを略したもので、組織キャンプの役割のひとつです。

電機連合音響部会・情報部会と陸別町、そして株式会社エイデル研究所の3者で、3つのイベント(サマーキャンプによる子どもたちの自然体験「リ・クリエーションサマーinりくべつ」、冬の組合役員(候補)研修「冬の陸別」、陸別小学校6年生の東京体験「冒険・体感inとうきょう」)を共同開催しています。

そして私は、これらのイベントの企画・運営を担当させていただいています。企画の特殊性と安全面を考慮して、日本キャンプ協会のキャンプディレクター2級を取得しました。

陸別町との出会いは1999年の冬。それからもう10年以上になりますが、毎回新しい発見がある町です。そこに住んでいるいる人たちのあたたかさ、町の持つ雰囲気、そしてイベントを通じて出会った仲間たち。
みんな大好きです。

----------------------

陸別企画関連SNS「リクシィ」の運用を開始しました。
サマーイン、冬の陸別、冒険・体感の陸別関連事業に参加したことのある方、スタッフとして携わった方、町の方など陸別に縁(ゆかり)がある方同士で新たな絆を作っていけるようなSNSにしたいと思っています。私が知っている方々には順次招待状をお送りしているところですが、過去の参加者やスタッフの皆様で参加をご希望される方や、まだ招待状来てないけどどうなってんの?という方は、私にメールをお送りください。折り返し招待状をお送りいたします。

○メールあて先
mail@jackie-endo.net

○メールに記載していただきたいこと
お名前、招待状を送るメールアドレス、あなたと陸別の関係

PDのつぶやき
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
同時ログインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
会話スペース
簡易チャットができます。 guest部分を名前に変更できます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。