スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸別めーる 2009年4月23日

陸別町に関するニュースをお届けします。

十勝毎日新聞社デジタルメディア室発行
【陸別めーる】より

---------------------------------------------

2009年4月20日の記事

「オールジャパンパッチ選手権」 熟練の技 激突

町タウンホールで19日に開かれた「日産カップ第21回オールジャパンパッチ選手権大会in陸別」(実行委員会主催、日産自動車、十勝毎日新聞社、陸別パッチクラブ共催)には全国から100人のパッチ愛好家が参加し、数々の激闘を繰り広げた。手に汗握る熱戦の模様や大会の盛り上がりを写真で振り返る。(文・宮木宗久、写真・塩原真)

決勝(写真)
スポットライトを浴びながら争われた決勝。手に汗握る熱戦に観客から歓声が上がった

盛り上げ役(写真)
今年も会場を大いに盛り上げたMr.キッスマン

明暗(写真)
「よっしゃ」-。同点の場合、勝敗はジャンケンで決定。勝利に思わずガッツポーズ

---------------------------------------------

2009年4月20日の記事

陸別パッチ選手権 森川さん(札幌)名人位

「日産カップ第21回オールジャパンパッチ選手権大会in陸別」(実行委員会主催、日産自動車、十勝毎日新聞社、陸別パッチクラブ共催)が19日、町タウンホールで開かれた。全国各地からパッチ愛好家100人が熱戦を展開。決勝は森川紘光さん(66)=札幌市=が菅原慎吾さん(38)=帯広市=を破り、4大会ぶりに名人位に輝いた。(24面にグラフ)

本戦を勝ち抜いた強者と、前大会の上位者による名人位決定戦のベスト8以上では、全選手が相手のパッチをすべて奪う、パーフェクト勝ちを収めるなど、熟練の技術を披露し、会場を沸かせた。

決勝で菅原さんとの接戦を制して頂点に立った森川さんは「疲れはあったが、普段通りに戦えた。来年は2連覇を目指したい」と笑顔を見せていた。(宮木宗久)

---------------------------------------------

2009年4月19日の記事

バチッと、くるっと「パッチ選手権」

「日産カップ第21回オールジャパンパッチ選手権大会in陸別」(実行委員会主催、日産自動車、十勝毎日新聞社、陸別パッチクラブ共催)が、19日午前10時から町タウンホールで開かれ、道内外からエントリーしたパッチ愛好家100人が熱戦を繰り広げた。

20歳以上の男女が出場。町木のシラカバを輪切りにした特製競技盤を使い、盤上でパッチを裏返す「オコシ」と盤上から落とす「オトシ」で勝負。予選、本戦を勝ち抜いた強者と、前大会上位者による名人位決定戦で争った。

開会式では早坂英俊実行委員長が「ゆくゆくはオールジャパンからインターナショナルな大会にしたい。楽しい1日になるよう頑張って」とあいさつ。来賓の金澤紘一町長、石川知裕衆院議員、喜多龍一道議、奥田次郎日産自動車陸別試験場場長のあいさつに続き、石橋勉町教育委員長がコミッショナー宣言を行った。

競技説明、参加選手紹介の後、熱戦が開幕。歴戦の強者が熟練の技術で会場を沸かせたほか、「パッチは20年ぶりかな」と話す石川衆院議員も予選を突破。前回大会で名人位を獲得した有田勝彦さん(46)=町内在住=は「できれば2連覇したいが、まずは地元に名人位が残るよう仲間と頑張りたい」と話していた。(宮木宗久)

---------------------------------------------

2009年4月14日の記事

7年間の事業1冊に 史跡ユクエピラチャシ跡

町教委は、国の指定文化財「史跡ユクエピラチャシ跡」(町トマム2ノ2)の整備事業の報告書をまとめた。2008年度までの7年間、文化庁の補助を受けて取り組んだ発掘調査や遺構復元、景観整備などを1冊に凝縮し、道内最大級の「チャシ」の魅力を伝えている。

チャシは、アイヌ語で「柵」や「柵囲い」を意味する。同史跡の発掘調査は1999、2000年度の試掘を経て、02年度から文化庁の補助事業で本調査に着手。04年度の発掘調査終了までに、鉄器や装身具、陶磁器など約10万点が出土した。

雨水排水工事など環境整備事業も02年度から始まり、最終年度の08年度は450年前の築造当時の白いチャシの姿を復元するため、火山灰を敷き詰める郭外盛土復元作業や園路整備などを行った。史跡を一望できるビューポイントも整えられた。

今回の報告書は、7年間にわたる整備事業全体をまとめた内容。全6章構成のA4判、93ページ。史跡の概要からこの間の整備内容、今後の利活用までを紹介している。

町教委の大鳥居仁学芸員は「白い火山灰を使ったユクエピラチャシは遺跡のイメージがつかみやすい。ハード事業は08年度で終了したので、今後は住民への周知や、利活用などのソフト事業に取り組んでいく」と話す。具体的には鉄器など出土品の保存処理や、公民館、関寛斎資料館での展示に向けた取り組みを進める考えだ。

報告書は試掘を終えた際に第1集をまとめ、04年度の調査終了時点でも概要版を発行。07年度には発掘の総括的資料として調査報告書を作成している。(宮木宗久)

※史跡ユクエピラチャシ跡:17世紀以前のアイヌ文化期の遺跡で、チャシとしては最大規模の7万3997.86平方メートルの面積を誇る。1975年の町と道の文化財指定を経て、87年に国の史跡に指定された。

---------------------------------------------

陸別めーるの写真付き詳細記事のアドレスは
http://www.tokachimail.com/rikubetsu/

コメントの投稿

非公開コメント

ヘップバーン(=大鳥居さん)登場ですね!
プロフィール

PDえんDo

Author:PDえんDo
PDとはProgram Directorを略したもので、組織キャンプの役割のひとつです。

電機連合音響部会・情報部会と陸別町、そして株式会社エイデル研究所の3者で、3つのイベント(サマーキャンプによる子どもたちの自然体験「リ・クリエーションサマーinりくべつ」、冬の組合役員(候補)研修「冬の陸別」、陸別小学校6年生の東京体験「冒険・体感inとうきょう」)を共同開催しています。

そして私は、これらのイベントの企画・運営を担当させていただいています。企画の特殊性と安全面を考慮して、日本キャンプ協会のキャンプディレクター2級を取得しました。

陸別町との出会いは1999年の冬。それからもう10年以上になりますが、毎回新しい発見がある町です。そこに住んでいるいる人たちのあたたかさ、町の持つ雰囲気、そしてイベントを通じて出会った仲間たち。
みんな大好きです。

----------------------

陸別企画関連SNS「リクシィ」の運用を開始しました。
サマーイン、冬の陸別、冒険・体感の陸別関連事業に参加したことのある方、スタッフとして携わった方、町の方など陸別に縁(ゆかり)がある方同士で新たな絆を作っていけるようなSNSにしたいと思っています。私が知っている方々には順次招待状をお送りしているところですが、過去の参加者やスタッフの皆様で参加をご希望される方や、まだ招待状来てないけどどうなってんの?という方は、私にメールをお送りください。折り返し招待状をお送りいたします。

○メールあて先
mail@jackie-endo.net

○メールに記載していただきたいこと
お名前、招待状を送るメールアドレス、あなたと陸別の関係

PDのつぶやき
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
同時ログインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
会話スペース
簡易チャットができます。 guest部分を名前に変更できます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。