スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸別メール 2007年6月14日

陸別町に関するニュースをお届けします。

十勝毎日新聞社デジタルメディア室発行
【陸別めーる】より

---------------------------------------------

2007年6月8日の記事

短波レーダー施設を見学 国内外の研究者陸別で交流

電離層の電子やイオンの変動のメカニズムなどについて研究する「Super DARNワークショップ 2007国際会議」が4-8日に網走市で開かれ、6日には国内外の参加者が町ポントマムにある短波レーダー観測施設を視察、交流の食事会も行った。

名古屋大学太陽地球環境研究所が昨年設置した同レーダーは、国内で唯一の施設。同研究所は世界各国の研究機関と連携し、電離圏の電子の動きなどを予測する「宇宙天気図」などを発信している。

国際会議には米、英、中、カナダなど12カ国から86人が参加。視察では研究者たちが時折質問しながら、同レーダーや施設群を真剣な表情で見詰めていた。

また、第一人者のグリーンウオルド氏(米ジョンズホプキンス大教授)、同研究所前所長の上出洋介氏(京都大特任教授)らは視察後、役場を訪問。金澤紘一町長と懇談し、同レーダーの重要性などを述べていた。

夕食会は町タウンホールで開かれ、参加者が交流を深めた。(丸山一樹)

---------------------------------------------

2007年6月7日の記事

「しばれ君」ストラップ人気 予想外の売れ行きで1000個増産

町振興公社(金子信行社長)が3月8日に発売した、町のカントリーサイン「しばれ君」のストラップが人気を集めている。初回に1000個を製造したが、新たに1000個を増産する。現在は在庫切れのため、予約注文も出ており、同公社では「予想外の売れ行きに驚いている」とうれしい悲鳴を上げている。

「しばれ君」(定価480円)は赤い防寒具や黄色い長靴を身に着けた男の子が、温度計を持ち、寒さに震えているキャラクター。日本一寒いまちをPRしている。

同公社が運営する道の駅「オーロラタウン93りくべつ」内の観光・物産館や「銀河の森天文台」などで販売しているが、一般の観光客や道の駅巡りをしているライダーらから注目を浴び、発売から最初の1カ月間で約400個、次の1カ月間で約600個を売り上げるなど、徐々に人気が高まった形だ。次の入荷が7月中旬となるため、現在は予約者も出ている状態。広島、鹿児島、熊本など遠方からも依頼が来ている。

同公社が運営する観光・物産館の東原功事業部長は「新聞、ラジオなどに掲載されたことが影響したのでは。お客さんは『かわいい』『北海道らしい』と言って買っていく」と話している。道庁の売店にも並ぶ見通しで、陸別のシンボルは北海道の土産品にもなりそうだ。
(丸山一樹)

---------------------------------------------

2007年6月7日の記事

音楽で地域間交流 町内社会人バンドが企画 30日に初の野外ライブ

町内で音楽活動に励んでいる社会人バンドが集まった「ロック☆スタークラブ」(佐々木栄一代表)は30日、管内各地のアマチュアバンドなどに呼び掛けた初の野外ライブを町ウエンベツのイベントセンター特設ステージで繰り広げる。7月6日開幕の「ラリー北海道」を盛り上げる意味も込め、音楽を通した地域間交流を果たす。

「SHOUT OF JACKLA VOL. 13.5+0.5」と銘打つ野外ライブは、同クラブが主催。町商工会青年部、平成音楽塾(広尾)、ステージザウルス実行委員会(鹿追)、ミュージシャンズワークショップ「シェイク」(帯広)が協力する。同青年部は会場に出店を並べる。

陸別のほか、帯広、鹿追、新得、広尾の計8バンドが、さまざまなジャンルの曲を30分ずつ演奏。今年発売した「ありがとうのうた」が北海道日本ハムファイターズ公認「感謝ソング」になっている、網走管内美幌町出身のシンガー松本大地さんをゲストに迎える。

佐々木代表は「大規模な音楽イベントは十勝東北部方面で唯一。来年以降も続けて定着させたい」とPRしている。

当日は午後4時開場、同4時45分開演。同10時終演。雨天決行。近く前売り券(500円)を発売する。問い合わせは佐々木代表(Eメール rock-star-2000@ezweb.ne.jp)へ。(岩城由彦)

出演バンドは次の通り。

チェリー解除、YOSHI-P、ROCK☆STAR(以上陸別)、HOT ROD BIRD、The Roo Bee(以上帯広)、Jewel Voice(鹿追)、あしかバンド(広尾)、フールローズ(新得)

---------------------------------------------

2007年6月5日の記事

多彩な花々の写真並ぶ 陸別ファインダークラブ

陸別ファインダークラブ(三浦成作代表、会員18人)の写真展「野の花抒情(叙情)」が、10日まで町内のアートサロン・ガンビー(東1ノ20)で開かれている。

満開のエゾヤマザクラ、ツツジやミズバショウ、クロッカス、ツルウメモドキなど多彩な花々のほか、利別川源流の風景なども並んでいる。

町内だけでなく、網走管内上湧別町などの風景も。作品からは会員それぞれの個性がにじみ出ている。

---------------------------------------------

陸別めーるの写真付き詳細記事のアドレスは
http://www.tokachimail.com/rikubetsu/

コメントの投稿

非公開コメント

しばれ君ストラップ、大人気みたいですね。良かった良かった。確かにかわいいですよコレ。今もケータイにつけてます。

イベセンでの野外音楽イベント、こういう楽しいイベントがどんどん開催されるといいですよね。
プロフィール

PDえんDo

Author:PDえんDo
PDとはProgram Directorを略したもので、組織キャンプの役割のひとつです。

電機連合音響部会・情報部会と陸別町、そして株式会社エイデル研究所の3者で、3つのイベント(サマーキャンプによる子どもたちの自然体験「リ・クリエーションサマーinりくべつ」、冬の組合役員(候補)研修「冬の陸別」、陸別小学校6年生の東京体験「冒険・体感inとうきょう」)を共同開催しています。

そして私は、これらのイベントの企画・運営を担当させていただいています。企画の特殊性と安全面を考慮して、日本キャンプ協会のキャンプディレクター2級を取得しました。

陸別町との出会いは1999年の冬。それからもう10年以上になりますが、毎回新しい発見がある町です。そこに住んでいるいる人たちのあたたかさ、町の持つ雰囲気、そしてイベントを通じて出会った仲間たち。
みんな大好きです。

----------------------

陸別企画関連SNS「リクシィ」の運用を開始しました。
サマーイン、冬の陸別、冒険・体感の陸別関連事業に参加したことのある方、スタッフとして携わった方、町の方など陸別に縁(ゆかり)がある方同士で新たな絆を作っていけるようなSNSにしたいと思っています。私が知っている方々には順次招待状をお送りしているところですが、過去の参加者やスタッフの皆様で参加をご希望される方や、まだ招待状来てないけどどうなってんの?という方は、私にメールをお送りください。折り返し招待状をお送りいたします。

○メールあて先
mail@jackie-endo.net

○メールに記載していただきたいこと
お名前、招待状を送るメールアドレス、あなたと陸別の関係

PDのつぶやき
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
同時ログインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
会話スペース
簡易チャットができます。 guest部分を名前に変更できます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。