スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸別めーる 2009年8月6日

※今年のサマーイン関連記事あり

陸別町に関するニュースをお届けします。

十勝毎日新聞社デジタルメディア室発行
【陸別めーる】より

---------------------------------------------

2009年8月2日の記事

少年野球で4チーム熱戦

陸別ライオンズクラブ杯争奪少年野球大会がこのほど町民運動場で開かれた。陸別と網走管内津別町、置戸町から計4チームが参加し、熱戦を繰り広げた。

郷土の未来を担う青少年の健全育成を目的に開催。陸別レッドイーグルスの丹野哲兵主将が「一生懸命戦います」と選手宣誓をした後、試合が始まった。優勝は陸別レッドイーグルス、準優勝は津別野球少年団だった。

---------------------------------------------

2009年8月1日の記事

陸別町商工会 青年部が屋台村 8日、焼き鳥やヨーヨー釣り

町商工会青年部(石橋堂裕部長)主催の屋台村が、8日午後3時から陸別駅前多目的広場で開かれる。

昨年を上回る15店舗が出店し、生ビールや焼き鳥などのほか、子供向けにヨーヨー釣りやスマートボールなど準備。初企画として「早食い競争」も実施。保育所から高校生以上までの6部門で5人ずつの参加者を募集している。

同青年部頭脳委員会の吉田優樹委員長は「多くの人に訪れてほしい」と呼び掛けている。早食い競争の参加申し込み、問い合わせは町商工会(0156・27・3161)へ。(宮木宗久)

---------------------------------------------

2009年7月31日の記事

大内さん温泉宿泊券ゲット 「ふれあいビールまつり」

町社会福祉協議会(佐藤章二会長)の「ふれあいビールまつり」がこのほどタウンホールで開かれ、抽選会などで盛り上がった。

同社協の資金造成事業などを広く町民に理解してもらおうと開催、今年で第10回を迎えた。約500人が来場。佐藤会長、金澤紘一町長のあいさつに続き、まつりが始まった。抽選会では最後の温泉ペア宿泊券が大内収さん(48)に当たり、佐藤会長から手渡された。

---------------------------------------------

2009年7月30日の記事

都会っ子りくべつ鉄道喜ぶ 「サマーイン」 町内児童と交流

道外の都会っ子が陸別の子供たちと交流する「2009リ・クリエーション・サマーインりくべつ」(町など主催)の一環として28日、「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」の乗車体験などが行われた。

サマーインは小学4-6年生が対象で、今年は30日まで5泊6日の日程。東京や大阪などから25人、陸別小から22人の計47人が参加し、ホームステイやオフロード体験などで交流を深めた。

この日はりくべつ鉄道の乗車体験で一緒に車窓からの風景を楽しんだほか、町内事業所を回るカードラリーが行われ、昼食には十勝名物の豚丼が振る舞われた。

静岡県磐田市から初参加した三橋君(豊田東小)は「鉄道は昔のような感じがして良かった。運転してみたい。友達もたくさんできた」と楽しんでいた。(宮木宗久)

---------------------------------------------

2009年7月30日の記事

地元高校生 バギーデビュー 全日本選手権に出場

8月2日に陸別サーキットで開かれる「第28回オフロードレースin陸別 全日本選手権大会」(町など主催)で、町内の猪狩君=足寄高校=がフォーミュラバギーのB-1クラス(700cc未満)でデビューする。地元高校生の出場は約6年ぶり。猪狩君は「焦らず完走したい」と意欲を見せている。

猪狩君は元バギードライバーの父・公教さん(52)=町教委職員=の影響や、身近にオフロードレースやラリーが開かれる陸別ならではの環境もあり、中学1年から同サーキットの大会を手伝うほどの車好き。

中学時代に、小6からオフロードレースに参戦しアジアクロスカントリーラリー(タイ)などで活躍する能戸知徳選手(北見)の走りを見たのを機に、大会出場への思いを強くした。今月13日の大会実行委で出場が決まった。

マシンは何年も使用していなかったバギーを、猪狩君が加入している「オートスポーツ陸別」(阿部勉会長)のメンバーが整備。エンジンなどのセッティングはメンバーが担当したが、塗装には猪狩君自身も携わり、国内トップカテゴリーのレース「SUPER GT」の参戦車両のデザインを基に、同クラブのカラーである黄色を使うなどこだわった。

コースでの練習経験はまだ少ない。「見るのと運転するのでは全然違う。思っていたより安定性がなく、スピードもあり、怖さもある」といい、恐怖感の克服が課題だ。

大会当日は、公教さんが現役時代に着たつなぎと、アルバイト代で購入したヘルメットを着用する。「本人の念願がかない、家族としても幸せ」と母の真奈美さん(45)。猪狩君は「完走第一だが、少しは見せ場もつくりたい」と、家族や関係者のためにも活躍を誓っている。(宮木宗久)

---------------------------------------------

陸別めーるの写真付き詳細記事のアドレスは
http://www.tokachimail.com/rikubetsu/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PDえんDo

Author:PDえんDo
PDとはProgram Directorを略したもので、組織キャンプの役割のひとつです。

電機連合音響部会・情報部会と陸別町、そして株式会社エイデル研究所の3者で、3つのイベント(サマーキャンプによる子どもたちの自然体験「リ・クリエーションサマーinりくべつ」、冬の組合役員(候補)研修「冬の陸別」、陸別小学校6年生の東京体験「冒険・体感inとうきょう」)を共同開催しています。

そして私は、これらのイベントの企画・運営を担当させていただいています。企画の特殊性と安全面を考慮して、日本キャンプ協会のキャンプディレクター2級を取得しました。

陸別町との出会いは1999年の冬。それからもう10年以上になりますが、毎回新しい発見がある町です。そこに住んでいるいる人たちのあたたかさ、町の持つ雰囲気、そしてイベントを通じて出会った仲間たち。
みんな大好きです。

----------------------

陸別企画関連SNS「リクシィ」の運用を開始しました。
サマーイン、冬の陸別、冒険・体感の陸別関連事業に参加したことのある方、スタッフとして携わった方、町の方など陸別に縁(ゆかり)がある方同士で新たな絆を作っていけるようなSNSにしたいと思っています。私が知っている方々には順次招待状をお送りしているところですが、過去の参加者やスタッフの皆様で参加をご希望される方や、まだ招待状来てないけどどうなってんの?という方は、私にメールをお送りください。折り返し招待状をお送りいたします。

○メールあて先
mail@jackie-endo.net

○メールに記載していただきたいこと
お名前、招待状を送るメールアドレス、あなたと陸別の関係

PDのつぶやき
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
同時ログインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
会話スペース
簡易チャットができます。 guest部分を名前に変更できます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。