陸別メール 2007年7月12日

陸別町に関するニュースをお届けします。

十勝毎日新聞社デジタルメディア室発行
【陸別めーる】より

---------------------------------------------

2007年7月9日の記事

貸付など住宅建設補助事業 10年度まで4年延長

町は、町内における貸付住宅、職員住宅の建設費を補助している「民間活用住宅建設事業」を2010年度末まで4カ年延長した。住環境整備と定住人口確保を図る独自の取り組みとして、さらなる利用が期待される。

地域経済活性化をにらんだ同事業は町が創設した「いきいき産業支援基金」をもとに、04年度に開始。世帯用は1戸当たり67平方メートル以上の面積を持つ住まいが対象で、補助額300万円。単身者用は同40平方メートル以上の物件に対し、180万円を助成している。

共同住宅、戸建てなどの形態は問わない上、建物全体ではなく1戸ごとに適用されるのが特徴。当初予定していた06年度末までの3カ年では、2法人、1個人が申請した世帯用と単身用各4戸に計1920万円の補助金が交付された。

今年度は補助金交付要領を改正し、補助対象の取り扱いを明確化。共同住宅のうち、建築主自身が入居する戸は補助金交付対象にならないが、他人に貸し付けている戸は対象となる。

個人が建設する賃貸住宅で、建築主の2親等以内の親族が入居する場合などは、従来通り補助を認めない。

今後の補助財源は引き続き同基金を充当し、今年度も世帯用2戸の希望が上がっている。今年度はこれを踏まえ、現時点で世帯用3戸分の予算を確保している。

事業に関する問い合わせなどは、町産業振興課商工業振興担当(0156・27・2141内線132、135)へ。(岩城由彦)

---------------------------------------------

2007年7月9日の記事

鉄道アナリスト川島さんら出演 陸別でCS番組撮影

「スカイパーフェクトTV!」などで放映中の鉄道トークバラエティー「鉄道マニア倶楽部Ver・2」の撮影スタッフが8日、来町。動態保存構想の実現が見込まれている旧陸別駅構内の旧ふるさと銀河線列車を撮影した。

鉄道マニアに人気の番組。鉄道アナリストの川島令三さんとジャズフュージョンバンド「カシオペア」キーボード奏者の向谷実さんが出演し、各地の鉄道や博物館を紹介している。

一行は、列車の維持管理のため、車両にエンジンを掛けている日に合わせて撮影に訪れた。川島さんらは駅構内で走る列車に乗りながら、廃線となった同線への愛着などを語っていた。

車両管理をしている町商工会有志による有限会社「銀河の森」の山本周二社長も出演し、メンテナンス作業の内容などを説明。向谷さんは「観光客が運転を体験できる施設になれば、名物になるはず。動態保存を実現してほしい」と話していた。

同番組はチャンネル「MONDO21」で9月に放送される予定。(丸山一樹)

---------------------------------------------

2007年7月8日の記事

改修工事終了 町民プール開放

今年度、老朽化に伴う改修工事が行われた「町民水泳プール」がこのほど開放された。

同プールは屋内型で敷地面積2921平方メートル。25メートル6コースと5メートル×13メートルの幼児用を完備。今回は約1300万円を掛けて、プール水槽、ボイラー、排水管を改修した。

開放されて間もないが、プールは小学校児童などでにぎわいを見せている。訪れた陸別小学校3年の上田夏輝君は「オープンを楽しみにしていた。いっぱい練習し、上手に泳げるようになりたい」と話していた。

開放時間は平日が午後3時-同5時。火、水、金曜日は午後6時-同8時も営業。土、日曜日と祝日は午後1時-同4時。月曜日休館。9月16日まで開放される。(丸山一樹)

---------------------------------------------

2007年7月7日の記事

旧陸別駅の周辺整備 動態保存実現で方向性

旧ふるさと銀河線列車を活用した旧陸別駅構内の動態保存事業が来年度中に実現する見通しとなったことで、鉄路廃止後の同駅と周辺整備の方向性が見えてきた。延長300メートル余りの構内については、同事業に活用されるとともに、住民生活の利便性を高める連絡道の整備案が浮上。駅前は駐車場、バスタッチの増設が軸となる。(岩城由彦)

道の駅「オーロラタウン93りくべつ」としての機能を持つ同駅と周辺整備に向けては、6月11日、町を事務局とする「ふるさと交流センター周辺整備推進協議会」(金子信行会長)が発足。同センター内の物販、宿泊施設などの運営に携わる既存の「町ふるさと交流センター運営会議」構成員ら6者に、2自治会が加わった論議が始まった。

ただ、「周辺整備」の範疇(はんちゅう)に構内を含めるかどうかは「動態保存構想の行方が定まってから」と判断を保留。初会合では「線路をまたぐ駅前地区と住宅地(元町)の連絡道がほしい」との住民要望を前向きに受け止めるにとどめた。

一方、駅前については「代替バス乗り入れで観光バスが入りにくくなったバスタッチと、道の駅利用を導くための駐車場を増やす」との認識で一致。今後は、駅前の限られた敷地を効率的に活用する方策を練る段階に入る。

こうした中、同22日の定例町議会で金澤紘一町長が動態保存構想実現の方針を表明。構内整備は、運営主体を担う町商工会と初期投資を行う町が具体化することになった。7月中に2回目の会合を開く予定の同協議会は、引き続き駅前を中心とした話し合いに専念できる見通しだ。

同駅と周辺整備は、道の駅内にある各施設の入り込み回復を図るのも大きな狙い。構内に存置された列車6両を観光振興に結び付ける同事業との相乗効果も念頭に置く中、新たなメニュー提案も含めて活発な計画案づくりが進みそうだ。

---------------------------------------------

2007年7月7日の記事

死亡事故ゼロ10年達成間近 

町の交通死亡事故死ゼロ記録が、15日で丸10年に達する。町交通安全協会(石橋強会長)は、達成に合わせて17日に開く「交通安全住民の集い」の参加者に記念タオルを配る予定。十勝管内最長、全道市町村でも2位を誇っている記録のさらなる更新を目指す。

町内では1997年7月14日を最後に、死亡交通事故が起きていない。

毎年6月には、町と同協会が町保健センター前広場で地域挙げての「集い」を主催しているほか、各種団体も積極的な啓発活動を推進。ゼロ日数は2005年9月末に3000日、今年2月13日に3500日に届き、今月6日現在で3643日となっている。

道内市町村では、今年5月27日に4500日を達成した網走管内西興部村に次ぐが、町単位では陸別が全道一。管内をみても、中札内村の1462日(6日現在)を大きく引き離している。

丸10年の節目を祝うタオルは約300本を作る計画。

「集い」では本別署の白井登署長が同協会のほか、長年にわたり交通安全運動の先頭に立ってきた同協会の久保省三前会長(74)に感謝状を贈る。

終了後は例年同様、市街地パレードも行う。

町は「今後も町民一丸となって記録を伸ばし続けたい」と気を引き締めている。(岩城由彦)

---------------------------------------------

2007年7月6日の記事

重厚な旧タイプ100点 「レトロカメラ展」

「レトロカメラ展」が、町内のアートサロンガンビーで開かれている。1950年代製造のカメラをはじめ、旧タイプの重厚な雰囲気が展示会場を彩っている。

ガンビー所蔵や、村上満さん(陸別)、泉野健さん(本別)が所有する約100点を展示。ニコン、キャノン、オリンパスなど国内のメーカーものを中心に収集した古いカメラが並んでいる。各カメラは使用できる状態で保存されている。

8月末まで。同月には展示カメラを使い、町内の銀河の森の風景を撮影するイベントも開かれる予定だ。(丸山一樹)

---------------------------------------------

陸別めーるの写真付き詳細記事のアドレスは
http://www.tokachimail.com/rikubetsu/

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

住宅展示場住宅展示場(じゅうたくてんじじょう)は、一戸建て住宅を建築する際の比較検討のために、実際の住宅を建てて展示してある場所。実際の展示場の名称は「住宅公園」「ハウジングセンター」などとなっていることも多い。一戸建て住宅のため、立地場所は都心部よりも

元町 宿泊施設

“元町 宿泊施設”で厳選した宿泊先をご紹介! !それは、『神戸タワーサイドホテル』元町や三宮のオフィス街、ハーバーランド・モザイク・北野異人館街に近く、ビジネスや観光の拠点に最適です。電話番号:078-351-2151住所:兵庫県神戸市中央区波止場町6-1最寄駅:みなと元

住宅展示場住宅展示場(じゅうたくてんじじょう)は、一戸建て住宅を建築する際の比較検討のために、実際の住宅を建てて展示してある場所。実際の展示場の名称は「住宅公園」「ハウジングセンター」などとなっていることも多い。一戸建て住宅のため、立地場所は都心部よりも

住宅住宅(じゅうたく)とは、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。周囲の環境から住人の快適な生活を守るものであり、生活範囲となる環境を含める場合もある。ここで言う“周囲の環境”とは、気候(雨、風、雪、暑さ、寒さ、湿気など)、騒音、異臭、他人の視線

フュージョンがたくさん

品 番:VACJ-1012発売日:2007年01月24日発売出荷目安:3~7日品 番:VACJ-1012発売日:2007年01月24日発売出荷目安:3~7日CD発売元:ビデオアーツ・ミュージック収録情報《1枚組 収録数:10曲》1.ギヴ・ミー・ザ・リーズン2.ティル・マイ・ベイビー・カムズ・ホーム3.ゼア

映像の世紀

ほとんど衝動買いだった。ある演歌歌手とN響のコラボレーション・ステージに加古隆が出演。テロップで「加古隆…音楽の画家」と紹介されていた。実際に「映像の世紀」という番組は見ていないことも好奇心がくすぐられた。すぐに検索して購入を決めた。まったく予備知識のな

平方メートル平方メートル(へいほうメートル、square metre、記号:m²)は、国際単位系(SI)における面積の単位である。1平方メートルは、一辺の長さが1メートルの正方形の面積と定義される。日本では、メートルを「米」と書くことから、「平方米」を略して平米(へい

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PDえんDo

Author:PDえんDo
PDとはProgram Directorを略したもので、組織キャンプの役割のひとつです。

電機連合音響部会・情報部会と陸別町、そして株式会社エイデル研究所の3者で、3つのイベント(サマーキャンプによる子どもたちの自然体験「リ・クリエーションサマーinりくべつ」、冬の組合役員(候補)研修「冬の陸別」、陸別小学校6年生の東京体験「冒険・体感inとうきょう」)を共同開催しています。

そして私は、これらのイベントの企画・運営を担当させていただいています。企画の特殊性と安全面を考慮して、日本キャンプ協会のキャンプディレクター2級を取得しました。

陸別町との出会いは1999年の冬。それからもう10年以上になりますが、毎回新しい発見がある町です。そこに住んでいるいる人たちのあたたかさ、町の持つ雰囲気、そしてイベントを通じて出会った仲間たち。
みんな大好きです。

----------------------

陸別企画関連SNS「リクシィ」の運用を開始しました。
サマーイン、冬の陸別、冒険・体感の陸別関連事業に参加したことのある方、スタッフとして携わった方、町の方など陸別に縁(ゆかり)がある方同士で新たな絆を作っていけるようなSNSにしたいと思っています。私が知っている方々には順次招待状をお送りしているところですが、過去の参加者やスタッフの皆様で参加をご希望される方や、まだ招待状来てないけどどうなってんの?という方は、私にメールをお送りください。折り返し招待状をお送りいたします。

○メールあて先
mail@jackie-endo.net

○メールに記載していただきたいこと
お名前、招待状を送るメールアドレス、あなたと陸別の関係

PDのつぶやき
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
同時ログインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
会話スペース
簡易チャットができます。 guest部分を名前に変更できます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる