スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸別めーる 2012年3月22日

陸別町に関するニュースをお届けします。

十勝毎日新聞社デジタルメディア室発行
【陸別めーる】より

---------------------------------------------

2012年3月17日の記事

陸別道の駅前などに観光看板

【陸別】町は、道の駅オーロラタウン93りくべつ前に町内の観光案内板を設けた。国道や道道にも案内標識を新設し、銀河の森天文台やふるさと銀河線りくべつ鉄道などに誘導している。

案内板は、観光施設や公共施設などの場所を記した地図をデザイン。ほかに観光イベント情報として、同天文台やりくべつ鉄道、北陵岳など7カ所を写真と説明文で紹介した。しばれフェスティバルもPRしている。縦2・6メートル、横2・3メートルのステンレス製で、道の駅入り口わきに設けた。

案内標識は国道242号と道道に計8カ所設置。「日本一寒い町」を想像させる寒色系の青色で統一した。町の出入り口や主要施設の近くに設け、初めて訪れた観光客が迷わないように誘導する。町総務課は「道の駅の案内板で町内の他の情報も知り、実際に行ってもらいたい」と話している。(安田義教)

---------------------------------------------

2012年3月17日の記事

陸別ガンビーでオーロラ写真展

【陸別】陸別町内のアートサロン・ガンビー(東1ノ2、斎藤省三さん主宰)で、町内で撮影されたオーロラの写真展が開かれている。夜空に幻想的な色を放つ姿が来場者の目を引いている。

同町は「日本一寒い町」と並び「オーロラの町」として知られる。写真展は同町の銀河の森天文台から借りた写真や地元の天文愛好グループが撮影した写真など20点余りを展示している。

今冬は太陽活動が活発で、2004年以来の観測が期待されており、斎藤さんは「写真もいいが、ぜひとも実物も見たい」と楽しみにしている。写真展は25日まで。

---------------------------------------------

2012年3月16日の記事

旧駅構外に出発進行!りくべつ鉄道

【陸別】旧ふるさと銀河線の車両や線路を活用した「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」を運営する町商工会(石橋強会長)は4~10月、旧陸別駅(道の駅・オーロラタウン93りくべつ)構外の延長1・6キロでも新たに運転体験を始める。ディーゼル車1両を使い、週2回、月10回程度の運行を計画している。

新コースは旧駅構外の北見側に位置する旧金澤踏切-旧松浦踏切間。直線やゆるやかなカーブからなり、町のイベントで特別列車を無料運行していた。運転体験はこれまで、構内の500メートルに限っていたが、構外でもできるようにする。有料の乗車体験も計画。日曜日と平日に1日4運行を検討している。

新コースには旧川上駅を移設して活用するほか、車両を格納するD型ハウスを新設する。銀河線の鉄道遺産を所有する町が、新年度に関連予算を計上した。町商工会は22日の理事会で、料金や体験日など最終決定する。

りくべつ鉄道は、2006年4月に廃止した銀河線の鉄道遺産を、観光事業などに活用しようとディーゼル車の運転・乗車体験などを行っている。昨期は約4000人が来場した。(安田義教)

---------------------------------------------

2012年3月13日の記事

陸別で日産カップ歩くスキー

【陸別】第18回日産カップ陸別「歩くスキーの集い」が11日、町林内の日産自動車北海道陸別試験場内で開かれた。管内外から約60人が参加し、大自然を楽しみながら同社のテストコースを滑走した。

町と町教委が主催、日産自動車などが後援。町内をはじめ、管内外から47~87歳の男女が出場した。

滑走コースは、同社が走行テストに使う試験場の高速周回路の8キロ。普段は一般人は立ち入り禁止の場所だが、地域貢献活動の一環として毎年、会場を提供し、社員が運営も手伝っている。

この日は天候、雪質ともに好コンディション。参加者は一面に広がる雪原の眺望を楽しみながら、汗を流した。

1位でゴールしたオホーツク管内訓子府町の男性(63)は「素晴らしいコースで気持ち良く滑ることができた。途中でウサギやリスの足跡を見つけ、自然を満喫した」と喜んだ。(安田義教)

---------------------------------------------

陸別めーるの写真付き詳細記事のアドレスは
http://www.tokachimail.com/rikubetsu/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PDえんDo

Author:PDえんDo
PDとはProgram Directorを略したもので、組織キャンプの役割のひとつです。

電機連合音響部会・情報部会と陸別町、そして株式会社エイデル研究所の3者で、3つのイベント(サマーキャンプによる子どもたちの自然体験「リ・クリエーションサマーinりくべつ」、冬の組合役員(候補)研修「冬の陸別」、陸別小学校6年生の東京体験「冒険・体感inとうきょう」)を共同開催しています。

そして私は、これらのイベントの企画・運営を担当させていただいています。企画の特殊性と安全面を考慮して、日本キャンプ協会のキャンプディレクター2級を取得しました。

陸別町との出会いは1999年の冬。それからもう10年以上になりますが、毎回新しい発見がある町です。そこに住んでいるいる人たちのあたたかさ、町の持つ雰囲気、そしてイベントを通じて出会った仲間たち。
みんな大好きです。

----------------------

陸別企画関連SNS「リクシィ」の運用を開始しました。
サマーイン、冬の陸別、冒険・体感の陸別関連事業に参加したことのある方、スタッフとして携わった方、町の方など陸別に縁(ゆかり)がある方同士で新たな絆を作っていけるようなSNSにしたいと思っています。私が知っている方々には順次招待状をお送りしているところですが、過去の参加者やスタッフの皆様で参加をご希望される方や、まだ招待状来てないけどどうなってんの?という方は、私にメールをお送りください。折り返し招待状をお送りいたします。

○メールあて先
mail@jackie-endo.net

○メールに記載していただきたいこと
お名前、招待状を送るメールアドレス、あなたと陸別の関係

PDのつぶやき
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
同時ログインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
会話スペース
簡易チャットができます。 guest部分を名前に変更できます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。