スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸別めーる 2102年12月13日

陸別町に関するニュースをお届けします。

十勝毎日新聞社デジタルメディア室発行
【陸別めーる】より

---------------------------------------------

2012年12月5日の記事

陸別・しばれフェスティバル内容固まる

【陸別】陸別の冬を彩る町最大のイベント「第32回しばれフェスティバル」(実行委員会主催)が来年2月2、3の両日、町ウエンベツイベント広場で開かれる。氷のかまくら「バルーンマンション」で一夜を過ごす恒例の「人間耐寒テスト」や、耐寒者タオル早回し選手権などを繰り広げる。

同フェスは、陸別の厳しい寒さを逆手に取った地域おこしのイベントとして1982年に始まった。前回は町内外から約8000人が来場。人間耐寒テストには過去最多の347人がエントリーし、バルーンマンションも同116基が設置された。

今回の同フェスでは、メーンとなる耐寒テストの参加者募集枠を300人(前回当初200人)に増やし、バルーンマンションの建設も100基(同60基)を想定し作業に当たる。

初日午後6時のオープニングセレモニーで幕開けし、陸別小による蝦夷(えぞ)木遣りやヨサコイ、餅つき、しばれ花火、耐寒者タオル早回し選手権などを予定。よしもとお笑いステージショーではコンビ「2700」や、なかやまきんに君らが登場。昨年、準備段階から参加した「よしもと芸人」の「クマップ」こと熊谷宏太さん、コンビ「夕立」の三國直道さんと伊藤誠さん=いずれも札幌吉本所属=は「臨時住みます芸人」として再び陸別に滞在する。

第1回の実行委が4日に町商工会館で開かれ、会場整備の日程などを確認した。吉田優樹副実行委員長は「非常に寒いが、温かいイベント。会場で体感を」と話している。(菊池宗矩)

---------------------------------------------

2012年12月4日の記事

空井さん南極体験語る~陸別

【陸別】文部科学省の第53次南極地域観測隊(山岸久雄観測隊長、65人)の隊員として派遣された空井猛壽(たけとし)さん(町教委主任主査)が、陸別小学校で南極での体験を語った。

町教育研究大会の一環で11月30日に講演。地域住民ら約60人が集まった。

空井さんは昨年12月23日に昭和基地に到着後、建築土木を担う機械担当の重機オペレーターとして活動。生コンクリートの手練りや40メートルデルタアンテナの支柱穴の掘削ほか、自然エネルギー棟など施設の一部設営に従事した。

空井さんは約2カ月を過ごした同基地を中心に、現地の様子をスライドや動画を交えて説明。同基地での生活サイクルや日本と基地との通信方法、施設やイベントなどを紹介した。「空がとてもきれいで感動が残った」とし、「夏の南極昭和基地は雪が結構、解けていて、それほど寒くはなかった」と振り返った。

越冬隊とは違い、現地が夏季の短期間、集中的に研究・作業を行う「夏隊」への参加。今年2月19日まで作業し、3月19日に帰国した。(菊池宗矩)

---------------------------------------------

2012年12月4日の記事

宇宙について学ぶ 陸別でNHK公開セミナー

【陸別】NHK公開セミナーコズミックフロント(NHK帯広放送局、NHK文化センター札幌総支社主催)が1日、りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台で開かれた。

第1部は、国立天文台教授で天文情報センター広報室長の渡部潤一氏が「宇宙生命は存在するか~天文学からのアプローチ~」と題して講演し、約100人が耳を傾けた。

渡部氏は天文学者が明らかにしつつある最新の宇宙像として「超新星爆発で多くの元素が生まれ、46億年前に私たちの太陽系も生まれた」と説明。彗星(すいせい)など宇宙にはたくさんの水があるとした。

地球のような惑星も「ハビタブルゾーン(生命居住可能領域)にかなり見つかっている」としたが、「水があれば生命は簡単に発生するかはまだよく分からない」と述べた。

その上で「人類は知的生命としてはまだひよっこ。恐らくもっと高等文明を実現しているところはある」と持論で締めた。第2部では参加者が、115センチ反射望遠鏡を使った天体観測会を楽しんだ。(菊池宗矩)

---------------------------------------------

陸別めーるの写真付き詳細記事のアドレスは
http://www.tokachimail.com/rikubetsu/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PDえんDo

Author:PDえんDo
PDとはProgram Directorを略したもので、組織キャンプの役割のひとつです。

電機連合音響部会・情報部会と陸別町、そして株式会社エイデル研究所の3者で、3つのイベント(サマーキャンプによる子どもたちの自然体験「リ・クリエーションサマーinりくべつ」、冬の組合役員(候補)研修「冬の陸別」、陸別小学校6年生の東京体験「冒険・体感inとうきょう」)を共同開催しています。

そして私は、これらのイベントの企画・運営を担当させていただいています。企画の特殊性と安全面を考慮して、日本キャンプ協会のキャンプディレクター2級を取得しました。

陸別町との出会いは1999年の冬。それからもう10年以上になりますが、毎回新しい発見がある町です。そこに住んでいるいる人たちのあたたかさ、町の持つ雰囲気、そしてイベントを通じて出会った仲間たち。
みんな大好きです。

----------------------

陸別企画関連SNS「リクシィ」の運用を開始しました。
サマーイン、冬の陸別、冒険・体感の陸別関連事業に参加したことのある方、スタッフとして携わった方、町の方など陸別に縁(ゆかり)がある方同士で新たな絆を作っていけるようなSNSにしたいと思っています。私が知っている方々には順次招待状をお送りしているところですが、過去の参加者やスタッフの皆様で参加をご希望される方や、まだ招待状来てないけどどうなってんの?という方は、私にメールをお送りください。折り返し招待状をお送りいたします。

○メールあて先
mail@jackie-endo.net

○メールに記載していただきたいこと
お名前、招待状を送るメールアドレス、あなたと陸別の関係

PDのつぶやき
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
同時ログインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
会話スペース
簡易チャットができます。 guest部分を名前に変更できます。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。